中小企業の経営参謀「税理士星川」の戦略、税制、法務、海外展開のお役立ちブログ

中小企業の経営参謀「税理士星川」の戦略、税制、法務、海外展開のお役立ちブログ

中小企業の経営参謀税理士星川が、経営に役立つ(…と思われる)情報や、日々の活動を綴るブログです。


テーマ:

先日、車椅子の製造販売、介護用具のレンタル、デイサービス等を行う

有限会社パムックさんの経営計画発表会にお招き頂きました。
23期の決算を終え、24期に向けての決起大会となりました。

川畑社長は、ビジョンと理念を大切にされ、明確な数値的な中期計画を持たれています。
その中の大きな戦略は、新卒採用、若手育成への積極投資により、高まる介護需要への対応を

人的基盤の充実で応えるというものだと理解しています。


高い技術力(専門的で十分に理解できておりませんが、利用者さんの座位のポジショニング

のカスタマイズと個別の身体の事情からのニーズのヒアリングと実現と把握しています)と

高度障がいの壁を乗り越えようとする対応力のきめ細やかさが競争優位の源泉と理解しました。

このことは、
どんなに重い障害を持っていても住み慣れた地域で安心して暮らしていける
ことを支援するというパムックさんが掲げる『思い』に表れています。
この『思い』は、
「できるを増やす。望みをかなえる。」

という経営理念を社内に共有するために、より具体化させたものということです。

「どんなに」という副詞が、重い障害に係っています。
自分達の貢献の対象をよりわかり易くし、会社としての覚悟がみてとれます。


(24期経営方針を語る川畑社長)


さて、経営計画発表会は、
前期において、最も会社に利益をもたらした部門の表彰から始まり、

 

川畑社長の当期24期の経営方針の発表
これに続き、各事業部ごとのリーダーからチーム目標と個々の目標の発表が行われました。

ポジティブな決意表明に、各自の目標達成への誓い(コミットメント)も語られ、

緊張感のあるピリッとした時間でした。
時折、和やかな雰囲気にしようと、ユーモアを交えた発表もあり会社のユニークな

雰囲気を感じることもできました。

総勢60名を超える組織で、なあなあになることは考えがたいですが、

外部の人間がいることで、各自の目標へのコミットメントが強固なものになったのであれば幸いです。

東京都の人口統計の予測を見れば、65歳以上の人口割合は今後25年で27.7%(1.2倍)と大きくなります。

また、75歳以上人口が180万人(平成27年で147万人)を超えるということもあり、

介護需要は増加することは周知の事実かと思います。

 

「住み慣れた地域で安心して暮らしていける」

この「思い」の実現に向けて、高齢化率が30%に迫る時代を担う

現役世代の育成を重点目標に据えられました。

川畑社長は、並列した重点目標の中で従業員満足度No.1を目指す

ことを最も大切にしたいと語られたことが印象的でした。

 

動き出した24期、計数管理はもちろんのこと、

目標達成へのアクションプランの具体化とその進捗の追いかけ

HOPも目標達成への貢献を誓った時間になりました。

 

-会社経営のワンストップサービス-

HOPグループ

日本橋人形町の総合法律事務所。
税理士、司法書士、社労士、行政書士が集う専門家集団。

中小企業のかかりつけ医として、起業支援から事業承継、そして相続対策など幅広くサービスを提供します。
さらに、タイを中心に「東南アジア進出支援」も行います。お気軽にお問合せ下さい。
税理士法人HOP
税理士、行政書士 星川

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス