交際費

テーマ:

初めて税金に関するテーマでブログを書きます!

 

今回のテーマは交際費です。

 

まず、交際費の定義は

①経理科目の名目ではなく実質で判断する

②支出の相手先は直接取引関係のある者に限らない

③接待等のために直接・間接に支出する費用

であり、但し

①従業員の慰安(運動会等)のために支出される費用

②1人当たり5千円以下の飲食費

③贈与、会議、取材等に通常要する費用

は除かれます。

 

そして、支出した交際費の金額の中で、損金に算入出来る額(経費として認められる額)は

(1)期末資本金1億円以下の法人(資本金5億円以上の法人に完全支配されているものは除く)

①支出交際費-800万円

②支出交際費-支出交際費のうちの接待飲食費×50%

のいずれかの額となります。

 

(2)期末資本金1億円超の法人

支出交際費-支出交際費のうちの接待飲食費×50%の額となります。

 

*接待飲食費とは自社の従業員のみならず、他社の従業員等を交えた飲食に要した費用のことです。

 

是非ご参考下さい!