高校(中学)からバスケを始めます!早く追いつくための自主練とは?ドリルも公開!! | フープドリームズ【子どもの心技体を育てる地域コミュニティを民の力で運営しています】

フープドリームズ【子どもの心技体を育てる地域コミュニティを民の力で運営しています】

理念
1.未来を築く子どもたちの心技体の成長をサポートする
2.家族や地域社会の和を大切にし、永く楽しめる地域コミュニティを育成する

こんにちは。
フープドリームズの高比良です。


4月から中学校、高校に入学した皆さん
ご入学おめでとうございます!!


そんな時期だからでしょうか。

というご質問をフープドリームズに沢山頂きました!!


そんな皆様に、総監督北口氏も応えてくれましたよ!!
新学期からバスケットボール部に入りたいという皆


しっかり自主練して、早く試合で活躍できるように
頑張りましょう!!


初心者の為の
自主練ドリル1~9

今日から順番にYouTubeで公開していくので、
HOOP DREAMSのYouTubeページ
お見逃しなく!!




↓北口コーチからのアドバイス↓


「高校からバスケを始めた方からの質問にお答えします」
(ご質問)
 ○早く経験者との差を埋めたい
 ○初心者は、何を徹底して覚えるべきなのでしょうか?


(回答)

 ○早く経験者との差を埋めたい

まずは、バスケットボールが楽しそうで始められたことと思います。
「ようこそ、バスケットファミリーへ いらっしゃいました」
「これから、もっとバスケットが楽しくなり、バスケット仲間が増え
楽しい人生が始まることだと思います」


過去の私の指導経験からも、高校から始めた選手で
近畿大会に出場するようなチームのスタート選手になった子もいます。
もちろん、バスケだけでなく勉強も両立していました。
努力は、決して君を裏切らないので、頑張ってください。


まず、経験者との差を埋めたいということは、
早く上達したいということですね。


バスケットが上達するために、
何からすればよいのかということですが、
技術や体力、メンタル面以外のことからお話ししましょう。


「スラムダンク」をはじめ、
「あひるの空」や「黒子のバスケ」などのアニメや
「T校バスケ部」などの書籍を読んでみましょう!


それから、YouTubeなどでも良いので、
NBAのゲームやインターハイの試合などを見まくりましょう。


そうです。大切なことは良いイメージつくりです。
自分がなりたいプレーヤーのイメージを持つ。


自分が目標とする理想の選手や目指す
目標がはっきりしている子は、
バスケを理解するのも早いですし、
プレーの上達も早いです。


「こんなプレーができたらいいな」ということがあれば、
それを真似することから始めるのが上達の近道です。


次に、近くで行われる自分たちより
強いチームの試合を観戦する。


実際に、自分の高校より各上のチームや
大学生などの試合を見ることで、
何か違いを感じるはずです。
何がすごいのだろうかと、分析力を磨くことも大切です。


チーム内でも、うまい選手や先輩などの
真似をしてみるもの第一歩です。


真似をするのは、自分のイメージトレーニングにもなり、
試合で成功している選手のプレーは、
試合で使える可能性が高いので、
スムーズにできるまで練習しましょう。


次に、真似をしている先輩などに、
コツを聞くことです。
先輩も自分の真似を熱心にしている後輩には、
真剣に優しく教えてくれるでしょう。
最初は恥ずかしいかもしれませんが、
もう高校生ですし、きっと社会勉強にもなりますよ。


自分の得意技が一つできるまでの
プロセスを経験すれば、
あとはそれを増やしていけば良いだけなので、
得意技が一つできるまでしっかり練習しましょう。



○初心者は、何を徹底して覚えるべきなのでしょうか?


次は、体力と技術とメンタル面の上達ですね。


体力 

・バスケットは、高校では10分ゲームを
4セット走り続けなければなりません。
まずは持久力が大切です。

・部活動以外にも、家に帰ってからお風呂に入る前に、
30分走るとか他の選手より安定した体力をつけることが近道です。

・広い公園などで、25~30メートルくらいの
ダッシュターンを行うのも良いと思います。
一日10本でも積み重ねるとスピードや瞬発力に違いが出ると思います。

・筋力トレーニングについては、あまり無理せず、
柔軟性をあげる正しいストレッチなどをお風呂上りに行うことと、
筋力をあげたいなら、自分の体重の負担くらいのトレーニング
(腕立て伏せや腹筋・背筋)などで良いと思いますが、
やり方を間違えるとケガにつながることもあるので気を付けてください。

詳しい方法については、ブログなどを参考に
してください。



技術
(※ここからはYouTubeの動画を参照しながら見てくださいね)
・「正しいファンダメンタルの徹底」
一つ一つの技術ももちろん大切ですが、
短期間で経験者との差を埋めるには、
連続した動作を身につけてしまう
のが速いです。


○連続動作ドリル
・ミート→ステップ→(選択)ドリブル・パス・シュート


次に、一人でも自主練できる個別スキルの練習方法を紹介しましょう

○個別スキル
・ドリブル練習
 (基本編1)
  ・ボックスドリブル
  ・一人6方向ドリブル
 (基本編2)
  ・フロントクロスとバッククロスとレッグスルーとロールターン
  ・スキップとサイドキックとハーキーステップとバックステップ

・パス練習
 (基本編1)
  ・9壁パス
  ・壁パスから一人ミート→ドリブルシュート
 (基本編2)
  ・2on2や3on3で9パスを試す。
   ※一緒に自主練してくれる友達を何人か捕まえる

・シュート
 (基本編1)
  ・スローモーション エアーシュート
  ・5シュート 10/10(10分の10)
 (基本編2)
  ・ステップインとジノビリとアービングとギャロップ


ファンダメンタルが身に付いて来れば、
 ・ディフェンスを状況判断する習慣をつけること
になります。


オフェンスは、ディフェンスの付き方を
判断して攻めるのが有効ですが、
ここからの説明(メンタル面を含む)については、
私どものブログを参考にしていただければと思います。


そして、ディフェンス練習については、
ここでは触れませんが、
チーム内でディフェンスのうまい選手に
コツを聞くことも大切ですし、「間合い」
「相手との駆け引き」「先手を打って仕掛ける」
などがキーワードになります。


もちろんオフェンスについていける脚力作りが
もっとも大切ですので、チーム内でのしんどい
ディフェン練習も手を抜かず、自分の向上のためだ
と思ってしっかり取り組んでください。


いかがでしたでしょうか?

私たちは、あなたのようにバスケットを楽しみ、
上達したいという気持ちを持っている選手のお役にたてることが使命です。

これからも、わかりにくいことがあれば、遠慮なくご質問下さい。
     フープドリーム 総監督 北口良平