中里CUP 2005

17日

3~5メートルのヨワーイ北東。

普段ならみんな出ない風だが、やむなくヒートスタート。

僕らのヒートだけ4人(他は3人)だったので狭い競技エリアで四苦八苦。

風が弱いので最初の波も越えられず、カイトを振った勢いで何とかトリックを

搾り出すって感じだった。 アンダーに強い井塚さんはバックロールを決める。

僕もバックロールに挑戦したが、スープに板が吸収されて失敗。

しかし砂浜ぎりぎりで無理やりやったSHPassがなんとか決まり

2回戦に進むことが出来た。 競技中にカイトを下げすぎ、本部テント横の

カメラにぶつけてしまい、カメラをぶっ飛ばしてしまった。

壊れてなかったみたい。


18日

昼頃から風が上がりだし、ヒートスタート。

2回戦目はアンダーにもむちゃくちゃ強いという角谷さん(うまろうさん)との1対1。

しかも、ライノ20㎡とオートパイロットで真っ先にアウトに出てしまう風見鶏

みたいな方。 僕の中での優勝候補の人と、早くも当たってしまった。

案の定、僕のヒートが始まる時は特に微風で最初の波も越えられない。

それでも角谷さんはガンガンアウトに突き進み、デカ板でバックロールとか

決めてる。 気持ちはあせり、砂浜走って息はあがり、トライアングルっていうより

長方形のくりかえし。 ちょっとでもアウトに出て砂浜との距離を稼ぎ、

戻って来る時になんかやろうと思ったけどダンパーに戻される。

ブルーフラッグが下がりラスト1分、ホーンと同時にまたまたSHpass、

フィンが砂に引っかかり上陸。 敗退。

ダブルイルミネーション方式でルーザースヒートがある予定だったが、

時間切れでメンズクラスはキャンセル。同率5位でした。

僕のヒートの後に風があがり、みんなすごいエアーとかしててうらやましかったな~。


初めて競技に参加出来た大会だったのでいろいろ勉強になった。

やはり総合力がないと勝ち進んでいけない。

1日同じゲレンデにいても、風・波は刻々と変化するので、

どんなコンディションでも走れ、そのコンディションで最大限のトリックを

繰り出せる人でないと。中里は特にウェーブポイント25%なので、波をうまくつかまえる

ことも出来ないと上位に上がれなかったみたいだった。


これからアンダーでも練習しないとね。ウェーブも。

ちょっと下がり気味だったモチベーションアップしたのかな?

皆さんお疲れさまでした。