honyochanのブログ

honyochanのブログ

日々つれづれと...

Amebaでブログを始めよう!

この週末は、親族たちとバスツアーで、お伊勢参りに行ってきました。


小雨交じりの伊勢神宮でしたが、神様の前の石段で

写した写真には、後光ではないけれど、光が射して

晴れているように見えました。

やはり...パワーがあふれていますね。伊勢神宮。


ところで、一般人で入れない場所に、3名くらいの若い方が

郡司さんと一緒に、神様に近い場所で(一般人は入れない場所)

お払いを受けていました。

あんなに神聖場所に、入れる方って、どんな方達だったんだろうか?


帰りは、赤福もしっかり頂き、楽しい日帰り旅行から帰ってきたら

治療の落ち込みは、もうどこかへ消えてしまいましたぁ走る人



ドラえもんの名言



過ぎたことを悔やんでも、しょうがないじゃないか。

目はどうして前についていると思う?

前向きに進んでいくためだよ。


ドラえもんが本当にいて、目の前で言って貰えたら

涙出ちゃう、な。


ドラえもん、ありがとう。 頑張るよ、私アップ


そう、信頼している手相占い師の先生(丸ちゃん)がご本を出版されます。

先生もかなり力が入っているようで、すごい本のようです。

そして、明日3/3の6時からスペシャルキャンペーンが!!

絶っ~たい早起きします!! Don't miss itグッド!グッド!


■■■3月3日朝6時~5日にAmazonで新刊ご購入の方全員にプレゼント!■■■


★新刊『成功と幸せを呼び込む 手相力』手相家まるちゃんこと丸井章夫・著
実業之日本社・四六判(184頁)1365円(税込)

■新刊発売記念!特別プレゼント!豪華7大特典あり!■
【期間】3月3日 6:00~ 3月5日 23:59 にアマゾンでご購入の方全員に
(1)「成功と幸せを呼び込む手相力を10倍活用するセミナー【特別音源】
(2)「手相家まるちゃんの何でも開運しちゃおう」非公開バックナンバー抜粋PDF
(3)「九星別2009年 吉方位一覧表」PDF
(4)「簡単にできるインターネットマーケティングのコツ」PDF
(5)「坂本龍馬のしゃべる名刺PDF
(6)「幸せを呼び込むアロマ」PDF
(7)「金運を呼び込む実践力」PDF
を後日ダウンロードにてプレゼント。また先着100名様に名前ロゴを提供します!
▼プレゼント応募方法:詳細はこちら▼
http://heartland-palmistry.com/amazon_campaign/


昨日不妊治療の結果を聞きに行きました。


だいたいは、予想はしていました。

自分の体は、自分が一番わかってるもん、ね。


先生は、肩をうなだれて




どうしてかなぁ...うーーーん...

しばらく沈黙が流れました。




私のほうから、年もありますよね、って。

フォローしたくらいで...




優しいなぁ...K先生。

光景を思い出すと、涙が出ます。


先生は、心も患者さんの身になってくれて

いるのを感じます。


転勤で、先生の元から旅立ってしまうのが

すごく残念です。



子供を思うように授からない...

これは、体験した人で無い限り、わからない辛さがあるけれど

この経験を通して、K先生に出会えた事、神様に感謝しています。



先生、ありがとうございました。

先生や皆さんに大切に育ててもらった命の元を

うまく育ててあげれなくて、ごめんなさい。



少し時間が経ったら、また、いつもの元気な私に戻れると思います。


4歳の息子が、私のお腹に宿ってくれたのは

奇跡に近いことだったと...。

今ある日常に、もっと感謝しなくちゃいけないね。


昨日、子供のお迎えに言った折、昨年の源泉徴収が

未提出だったのがあり、先生に呼び止められました。


転勤の話


なかなか言えずにいました。


口に出すと、現実が近づく感じがして...。


でも、延ばしていても意味のない事なので

職員室で、先生にお話しました。


先生方から、「寂しくなるわぁ」「遠くに行っちゃうんだねぇ」

と声をかけて頂いて、思わず涙が汗...。


あと2ヶ月の園生活。

来週には、おひなさま発表会の行事もあり

息子の雄姿を、しっかり目に焼き付けておこう。


07年12月から1年2ヶ月、この保育園に行き始めました。

入園前は、保育園廻りをし、教育方針を自分の目で吟味し

送り出した、保育園でした。

先生も、事務の方も、給食の方も、皆さんよい方ばかり。

230名近い園児の名前を、職員全員が覚えてくれているって

すごい事です。

職員の皆さんが一丸となって、子供たちと関わってくれている

そんな保育園でした。


いろいろありがとうございました。

子供はもちろんのこと、私自身もとっても、とっても寂しいです。


はぁ。これからまたいろいろなお別れが待っていると思うと

切ない。