バリのアニキの本は沢山の人が書いていていますが

 

女性の目線で書かれたのはもしかして初めてかも?

 

と思われる、吉本ばななさんによる「日本人大富豪・丸尾孝俊氏の。

 

本。みんなの人生が変わる教えが書いてある本の

 

「BOOK活」が2019年12月の初頭にありました。

 

「BOOK活」とは「BOOK=本」を読むだけでは物足りず

 

活用してナンボじゃあ〜〜とばかりに、活用しまくる会です。

 

 

我が師匠の「黄理恵さん」のお膝元

 

横浜市の緑豊かな街「本郷台」で「BOOK活」が行われました。

 

読書会などという本を読んで感想を言うとか言う

 

生易しいものではなく、今までの「読書」とは

 

程遠い活気溢れるバトルが繰り広げられます。

 

思いもよらない手法で本を「使い倒す」

 

その結果、題材の本を読んできた人は

 

もう一度読み返したくなるし、

 

読んでない人は(読んでなくても参加できる)

 

ちゃんと読もうと思う会です。

 

つまり、本を2倍にも3倍にも価値を上げて

 

それこそ、使えるものにする場所なんです。

 

読んでなくても参加できるとは、

 

まさに、稀有な読書会と言わざるを得ない。

 

 

今回は先日、本物のバリ島の大富豪アニキに会ったばかりの

 

メンツが揃ったので、思い入れも様々で

 

この本の編集者に実際になったようなリアリティがありました。

 

バリのアニキの本を読んだことがある人はお分かりかもしれませんが

 

ダジャレを言いまくったり、多くの人が毎日訪れて

 

賑やかなんだろうなあと言う印象と、いつ寝てるのかな?

 

とか、プライベートがなくて大変じゃないのかな?

 

とか、後で色々考えたりしたものの

 

アニキの真意は「古き良き日本を取り戻したい」

 

と言うところにあるので、プライベートとか

 

考えたことがないんだろうなあと

 

プライベートを充実させると言うのは自分にベクトルが向いてる

 

そうじゃないからこそ、バリのアニキは

 

いろんな人と会って、とことん尽くす。

 

賑やかだけど、たった一人で。。。

 

と言う本意は、一人からでも日本を良くするために

 

叫び続ける、坂本竜馬のような気概を感じます。

 

 

「BOOK活」のお陰なのか、バリ島から帰って

 

現実に戻って通常運転し始めた頃に

 

あの風景をいつでも描き続けることで

 

殺伐とした日本も潤うかもしれない

 

それには、気づいた我々が動くしかない!!

 

と決意を新たにした日でした。

 

 

 

 

 

『バリ島大富豪アニキの教え』

〜育み残したい「お金」と「豊かさ」のホント〜

3月15日(日)13時〜16時30分@横浜にて

 

 

バリ島大富豪丸尾孝俊さんの教えを直接学んだ

北海道在住のギガ大家さん末岡よしのりさん

バリ島のアニキのもとに年2回通っている黄理恵さん

お二人の「ホント」をナマの声で聞いていただきたい!

 

 

https://www.facebook.com/events/2521015178118239/

 

https://bit.ly/2To70dj

 

 

 

『バリ島大富豪アニキの教え』

〜育み残したい「お金」と「豊かさ」のホント〜

3月15日(日)13時〜16時30分@横浜にて