こんばんは、易者ともこです☆

 

本日は、易者 兼 陰陽師ともこがお送りします


 

 

さて。

 

あなたは「方違え」(かたたがえ)をご存じですか?

 

目的地が凶方位にあるとき、前日に別の方位へ移動して一泊し

 

そこから向かうことで、凶方位を避けて目的地に到着できるあれです。

 

平安時代には貴族の間で行われていて、古典を読んでいると普通に出てきます。

 

 

 

易でも、いくつかの見方で方位を見ることができます。

 

ある日の「毎日の卦」で、ある方位をお勧めされました。

 

しかし、残念ながらその日は逆の方位に用事があったのです……。

 

 

 

そこで、易者 兼 陰陽師ともこはひらめいた。

 

 

 

そうだ 方違え、しよう♪

 

 

 

さすがに前泊はできないが、「プチ方違え」ならできる✨

 

 

 

二か所に用事があったので、いつもだったら先に行く

 

今回のメインの用事だった場所を後回しにしたよー!

 

 

 

そうすることで、その日の一か所目は仕方ないとしても

 

メインの場所と、そこから自宅に帰るときは、お勧めの方位に向かえるんだよ☆

 

 

 

時間と体力とやる気があれば、一か所目のさらに先まで歩いて

 

そこから引き返すことで、すべてクリアすることもできる。

 

……そこまではいいや。

 

 

 

私は普段は方位って気にしないんだけど、凶を避けるというより

 

卦のお勧めをやってみたいって気持ちで取り入れてみたんだ♪

 

 

 

「凶を避ける」よりも

 

「吉に向かう」「お勧めをやってみる」

 

って気持ちでやるほうが楽しいよね✨

 

 

 

 

 

 

 

 

忘れてはいけないのは、本来だったら二か所目である場所への感謝だよ。

 

ここも私にとっては大切な場所。

 

 

 

私が「卦のお勧めの方位」に向かって目的地にたどりつけるよう

 

一か所目の場所として私を迎え入れてくれたんだ。

 

 

 

「凶を避ける」という意識になると、感謝って忘れがちになってしまうと思うの。

 

だけど「お勧めをやってみる♪」「吉に向かう☆」って意識でやってみると

 

「わーーーみんな、ありがとーーー♡」

 

ってなりやすくなるんじゃないかな♪

 

 

 

易で楽しく開運しよう✨

 

 

 

幸せ陰陽師ともこより♡

 

 

 

「陰陽師ともこ」の過去の活動

 

2021-10-10

 

「結界を張ることを優先」という迷言を生み出しました。

 

 

 

そして今回

 

「そうだ 方違え、しよう♪」

 

が生まれました♪

 

 

 

流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星

 

 

 

世界は64のストーリーで構成されている♡

 

 

 

現存最古の中国古典『易経』(えききょう)

 

それは、この世界の道理を説いた64の物語。

 

『易経』を用いた「易占」と、カウンセリングやコーチングを組み合わせたセッションで、あなたのご相談をお受けいたします☆


 

 

まじかるクラウン易占について

 

 

ヒヨコセッションのご案内

 

セッションの総合案内やお知らせです。

 

 

 

やしの木イベント出展

 

「易者ともこ」初出展!

 

7月30日(土)

マラマ・マーケット2nd

 

 

 

 

コーヒーお茶会開催

 

8月8日(月)

都内で「易者ともこの易茶会」を開催予定です♡

 

 


 

 

クリックしてね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  

 

ありがとう☆