クラブニンテンドーを正しく利用しない者が増えた可能性 | 本当のゲームレビュー

クラブニンテンドーを正しく利用しない者が増えた可能性

「私はクラブニンテンドーのアンケートに適当に答えたことがあります」という人、どのくらいいるんだろうな。意外にも結構いそうなんだよ、適当なユーザー。メーカー泣かせのユーザー。1度や2度だけ適当に答えるならいいが、「毎回適当に答えている」という状況なら相当まずい。アンケートの精度が落ちるからまずい。アンケートの精度が落ちた結果、任天堂が取る策は・・・。

プラチナ会員特典だけが目当ての不届き者を排除し、アンケートの精度を向上させようとする。その策の1つが「2008年度プラチナ会員特典を適当なものにする」というもの。これにより、「プラチナ会員はこんなもんか」「だったらもうプラチナ会員にならなくていい」と、適当なユーザーがクラブニンテンドーから離れる。すると、自然とアンケートの精度が向上し、任天堂の欲しがっている情報に再び戻る。納得の法則。

実際、去年の豪華すぎる会員特典を見て「形だけの会員登録」「見せかけだけの利用者」が増えたんだろう。そういう人は、アンケートにも適当に答えていそうだ。デタラメな回答。例えば、CMを流していないゲームに「TVCMを見て購入を決めた」という答えが多くあったりしたら、それはひどいもんな。
というわけで、今年のプラチナ会員特典は「スーパーマリオの帽子」で決まり。