こんにちは

東京都足立区北千住駅からグルグルしないと徒歩2分🚶‍♂️🚶‍♀️

smoos‘の齊藤 進です。

毎月第2火曜日は恵比寿にいます。

Lens cut academy スペシャルコースに参加し鍛えていただいております。




今回はインパーテッドグラデーション!

なんだそれ?

前にも教えてもらった、あれかな!




違うみたいだけど、新鮮さを感じるフォルムが特徴的なボブスタイルです!

第1印象は、なんか切れそうな気がします。


サイドから前下がりのワンレングスからスタートしました。


上に行くにつれて骨格の影響を受け、板状のシェイプが重要になり注意しないと前下がりのラインが壊れます。

この前、カットトレーニング中のアシスタント🐘に切りながら伝えた注意点です。

分かっているつもりですが罠に引っかかります。



師匠のカットは本当に、無駄な動作が一切無く洗練です。

毎回毎回、一線目から大きな洗礼を受けます。


前下がりのワンレングスにパー✋グラデーションの持ち手で、縦てスライスで一線チェックカットしてから、チョキ✌️持ち手で骨格に徐々に合わせて切り上げて行きます。


レイヤーの持ち手で✌️グラデーションをカットします。

チョキ✌️持ち手は得意です。
っていうか好きです。

出来るぞ!
今のところ大丈夫っぽい!
今回はイケてる!




サイドをガイドにレイヤーのチョキ✌️でバックサイドに骨格に合わせてカット。

ここをチョキ✌️カットやった事ない!

新鮮な初のシェイプですが90年代に生まれたそうです!

凄く楽しい!
チョキ✌️大好き。
Peaceな気分。

ほのちゃん、ななちゃん、大好きよ。
愛してる。


バックサイドの最初の罠にも今回はひっかりませんでした!

イケてるぞ!

今日はいいぞ!

この日のお昼ご飯は恵比寿の有名店
「こずち」
なんか、いいらしいです。

並んじゃいました!

でも回転が良くって直ぐに入店!

生姜焼きにのキャベツには、マヨネーズを絶対にかけちゃいます✌️



午後の部スタート。

ワンレングス切ってからパー✋グラデーションからのレイヤーのチョキ✌️持ち手でグラデーションカットを骨格に合わせて切り上げます。
グラデーションをレイヤーの持ち手で新鮮な
フォルムがバックに発生します。
そしてアウトラインをフリーハンドで前上がりに。

これが本当に難しい!


同じウエイトポイント、フォルムバランスで戻る切り方、 型が変わると随分と違います。


初めてのシェイプは戸惑いと困惑が付き物です。

このシェイプじゃ無くても出来るからいつものシェイプでいいや。

ってやってると時代の風を感じられません。

次の新たな風が吹いても、季節は繋がって一つ前の風を理解していないといけません。

その為には、いつの時代も風を受けその風を造形する為のトレーニングが必要不可欠です。

一つ飛ばしは出来ません。っておっしゃていました。


今回は結構出来ました。

美容師って楽しい。