おこさんは何か習い事をされていますか?

新しく始めようと思っている方は、何を習わせたいなと思っていますか?





先日、こどもに何か習い事をさせようかなと迷っているという方にお会いしました


周りのこどもが始めたり、おともだちがいくつか習い事をしていると自分のこどもはこのままでいいのかなと不安や焦りを感じることもあると思います(><;)


始めようと思ってもたくさんの習い事があるので正直迷いますよね


そんなときフッと立ち止まって考えていただきたいことが

『どんなこどもに育って欲しいと願っているのか』ということです


うちの娘も習い事をしています


プール、ピアノ、通信教育


まぁ、見ての通り習い事の王道ですね笑


何でこの3つかというとそれぞれ理由があります


プールは、級を上げて泳ぎ方をマスターしていくという過程を通して、目標に向かって努力する、達成するという体験を

ピアノは、発表会やコンクールで大舞台に立つ、緊張の中でも自分の力を出し切るという経験を

通信教育は、小学校に向けての学習習慣をつけることができれば


という思いからそれぞれ習わせています


こんな風に育って欲しいが明確になると、あれこれと悩まなくて済むかもしれません


もちろん、習い事はこども自身が興味を持っているということが大前提だと思います


ですので、『こどもが興味の持てるもの』と『こんな風に育って欲しいという思い』が合致する習い事を探すといいのではないかと思います


習い事を何しようかなと思ったときは、どんな風に育って欲しいと思っているのかを考えてみてはいかがでしょうか?

昨日6歳の娘と2人でキッザニアに行ってきました(‐^▽^‐)


デビューしたのは3歳なので、かれこれ3年ほど定期的に通っています


定期的に訪れているのには理由があります


それは「できた!」という経験を積むことができるからです


「できた!」という経験を積むこと


そうすると何がいいのでしょうか?





それは…



『自分を信じることができるようになる』のです


この「できた!」という経験が多いほど、こどもは自分に自信を持てるようになります


自信は物事を成し遂げるための基礎となるものです


自信があるから、新しいことにチャレンジしようという意欲が湧き


自信があるから、上手くいかなくてももう1度やってみようと思う


もし、自分に自信を持てるようなこどもに育って欲しいと願っているのなら、「できた!」という経験をたくさん積んでみるといいかもしれませんね

昨日、こどもにして欲しいことがあったときは、いつまでにやるのかをこども自身に決めてもらってはどうでしょうかという提案をさせていただきました(昨日の記事はこちら


ところが実践してみると、こどもが言った時間に納得できないことが出てくると思います


例えば…

 いつも9時寝ているのに、こどもが9時までに片づけると言い出すなど…


こどもの意思をを尊重すれば寝る時間が遅くなってしまう


これでは親として困ってしまいますよね


では、そういうときはどうすればいいのでしょうか?


そんなとき私がしていることは、『話し合う』です


当たり前すぎますよね(^▽^;)


では、何を話し合うのかというと…


『親とこども、お互いが納得できる点を探す』ということです


そのとき気を付けていることは2つ


1つは、できるだけこどもの意思を尊重するという気持ちを持つこと


もう1つは、ここは絶対譲れない!という最低のラインを決めておくことです


先ほどの例で言えば、9時に寝るためには、最低何時までに片づけてもらいたいのかを決めておくということです


最低のラインを決めておけば、仮に9時までに片づけると言われたとしても、寝る時間があるからお母さんは○時までには片づけて欲しいと告げることができます


その意見を聞いてこどもは、考え直し、新たな意見を提示することができます


あくまでこども自身に決めてもらい、こどもの意思を尊重しつつ、親としても譲れないところを示す


そうすることでお互いにストレスが少なくなるのではないでしょうか


何かこどもにして欲しいことがあるときは、最低限譲れないところも一緒に考えると良いと思います(*^o^*)