{E884027D-3999-4CAE-B8E7-4516F5EC7CC5}
『ちいさなろば』
ルース・エインズワース 作
石井 桃子訳
酒井信義 絵
福音館書店

【クリスマス絵本🎄】

『ちいさな ろば』

ルース・エインズワース 作

石井 桃子 訳

酒井 信義 絵

福音館書店

表紙はきらびやかではないですが、私が子ども時に出会い記憶の奥底にあったクリスマス絵本です✨

サンタクロースがくつ下に人形とビーズのネックレスを入れているページだけを覚えていて、クリスマスシーズンになると毎年書店で捜し求めていた絵本。

本棚でちゃんと待っていてくれたけれど、表紙が控えめなので気がつかなかったという💦

ひとりぼっちのちいさなろばのところにクリスマスの晩、サンタクロースのソリを引くトナカイが足を痛めて到着します。ちいさなろばがその代わりにサンタクロースのお手伝いをすることになり、サンタから素敵なプレゼントが届くというお話🎄

この絵本で大切な役割を果たしているのは2人の女の子と夜の青さでしょうか?女の子たちのいるページの明るさと対照的な青いページが黒いちいさなろばの寂しさをよく表しているなぁと感じます。

大人になって思うのはやっぱり記憶の奥底にちゃんと根を張れるような絵本と子どもたちに出会って欲しいということ☺️

ゆっくりと心に染み入るお話を是非クリスマスに✨