TA7291P は PWM に向かない!?

テーマ:

なかなか時間の取れないジャイアンツ愛ですダウン


そんな中せっせと TA7291P でいろいろ試してみていたのですが、


どーも出力電圧が低いショック!


ことに悩んでましたガーン 計算値と全然違うんですよねパー しかも、周波数を 15KHz まで上げると、


止まります叫び


IN1PWM 信号を、IN2プルダウンしたのですが、どーもおかしいプンプン と、ここで、


オシロ買ったじゃん俺ひらめき電球


ということで、早速波形を見てみることにしました音譜



夕焼けの漣-tA7291P 5v 1ms  5V/div , 1ms/div


なんじゃこれは!!


立下りで短い時間ですが、思いっきり出力が逆転していますドクロ 


試しにフライホイールダイオードを外付けでつけても、 6V 近く逆の電圧が出力されますダウン


周波数が上がってもこの時間は短くならないようで、15KHz では、もうほとんど、


矩形波の交流ですショック!


接続がおかしいのかな・・・・・データシート応用回路通りにしてみても駄目なのだが・・・・・・プンプン


ということで、出力が反転できるので、とっても期待していた TA7291P ですが、これではどうしようもないので、やはり 2SK2232 を使うことにしますパー


そういえば、この波形を見てもわかるとおり、逆起電流は、


まったく無視できませんパンチ!


2SK2232 の波形もとったので、次はこのことについて書きたいと思いますパー

AD

コメント(2)