感動は健康にプラス | 本物の館 健康でわくわくした人生を目指して

本物の館 健康でわくわくした人生を目指して

本物の館です。
健康が何より大切!幸せな毎日のために、健康でいられる生活を心がけましょう!

「何かに泣くほどの感動」ってどなたにも経験があると思います。最近はどうですか、ありましたか?

 強く感動すると、身体の中が浄化され、少しくらいの体調の悪さも吹っ飛んでしまうような気がしませんか?

 

 最近町を歩いていたら、どこからか『巨人の星』が流れてきました。古い話ですが、私は巨人の星の世代なのでそれを聴いた瞬間、最終回の場面が思い出され、涙まで出てしまいました。

 

 蒸し暑い日が続き、体調はいまいちでした。恥ずかしい話、その感動と涙のせいか、疲れが吹っ飛んでしまいました。人は、感動を求めて、音楽を聴いたり、映画を見たりします。結局は健康のためなのかもしれません。脳はそうさせているのかも…。

 

 実際に人は、感動した時には副腎皮質ホルモンなどの抗ストレスホルモンが出るようです。ステロイドという薬って聞いたことがあると思います。これは、病院で出される万能薬と思えるほどの即効性のあるすごい薬で、いろいろな場面で使われます。ステロイドは副腎皮質ホルモンの1つなんです。

体内で作られるこの副腎皮質ホルモンには副作用がないので歓迎したいですよね。

 涙もストレスを解消してくれます。小さい子供が、痛い思いやびっくりすると大泣きします。とてつもなく大声で泣き続けたとか思うと、何事もなかったかのように、けろっとしていますよね。

 

 自律神経は、交感神経と副交感神経が、ヤジロベイのようにバランスをとっています。それがバランスを崩して傾いてしまうと、気分が悪くなったり、免疫力が下がってしまいます。

 

泣くことにより副交感神経が刺激され、ヤジロベイが大きく動き、バランスを取り戻すようです。小さな子供の場合も、たまっていた不満やストレスが大泣きすることにより副交感神経が強く刺激され、一気に気分が良くなってしまったのではないでしょうか。

 

涙が出るほどの感動って、私たちの身体や心の健康にとってありがたいんです!