夜に気の感覚が強くなることを勘違いしてはいけません | サードアイ 本音をずばり! powered by Ameba 

サードアイ 本音をずばり! powered by Ameba 

あなたの人生に奇跡を起こします!

復縁復活、恋愛、複雑愛、夫婦愛、婚外恋愛、略奪愛、人生全般等の問題を解決します。

8万件(私一人で)を超える実績の鑑定!脅威の的中率!脅威の願望成就率!を誇ります。真言密教 朱雀流気功 朱雀流行法 朱雀流秘術 霊視・霊感鑑定

夜に気の感覚が強くなることを勘違いしてはいけません サードアイ朱雀 霊感・霊視

 

 昼間に比べ、夜は陰気(マイナスの気)が多くなるために、気を感じる力が強くなります。しかし、これは人の意識が内面に向かうために、集中力が高まることがその理由です。この感覚を以て、秘術ができていると勘違いしてしまうことが多いのですが、それでは何ら大きな現象が起きません。そこにある感覚には中身(陽気)がないのですから、虚をもって実を成すことはできません。

 また、夜の気の高まりは、陰気が原因で感覚が鋭敏になっているだけで、陽気(プラスの気)の高まりによる秘術実践時の感覚とは異なるものです。実際に気が集まり高まってきたならば、夜だけでなく朝でも昼間でも、その気の感覚を強く感じることができます。

 そして、私達の心身に陽気が集まり高まることで、心が軽やかになります。体温が上がり免疫機能も高まります。自律神経の調整もできます。陽気は陰気に比べ、軽いので人の行動力が高まってきます。その様な変化を感じない場合は、気が集まっていないことが多いですので、運動等を熱心に行って下さい。

 ところで、マイナスの感情は多くは夜に発生し、昼間は陽気の裏に隠れています。昼間気づかないマイナスの感情も、夜になる(陰気が増える)に従って高まってきます。人が不安になることは深夜になるにつれて多くなります。だから、月は陰気の塊ですから、月を対象に瞑想をするなどはトンデモナイ行為だと言えます。

 夜が近づくにつれて、陽気が減り、陰気が多くなります。陰気が増えれば、その人の心は沈み、マイナスのことばかりが意識に上ることが多くなります。マイナス思考であるかどうかは、その人の思考習慣や視点によって異なりますが、夜型の人にはその傾向が強い様です。

 このことは、折角、朝から集めた陽気も陰性に変えてしまうことになります。これでは秘術の現象を起こすことはできません。同じ気のエネルギーでも、陽気と陰気では大きな違いです。それは性質が違うからです。 陰気は現象を起しません。通常の場合は悪い出来事や悪い流れを起します。

 私が「運動も秘術も朝のうちに行って下さい。」と言うのは、朝に陽気が多く存在するからです。 (出典)

 

※日中・深夜に関わらず、運動・秘術を行う場所の制限も掛からない様に、特殊な護符を作成しています。ご興味のある方はお問い合わせ下さい。 

 

電話鑑定 メール鑑定.