会社の運命は経営者の運気と密接に関係しています。 | サードアイ 本音をずばり! powered by Ameba 

サードアイ 本音をずばり! powered by Ameba 

あなたの人生に奇跡を起こします!

復縁復活、恋愛、複雑愛、夫婦愛、婚外恋愛、略奪愛、人生全般等の問題を解決します。

7万件(私一人で)を超える実績の鑑定!脅威の的中率!脅威の願望成就率!を誇ります。真言密教 朱雀流気功 朱雀流行法 朱雀流秘術 霊視・霊感鑑定


テーマ:
 会社の運命は経営者の運気と密接に関係しています。だから、経営者を見ればこの先会社がどうなるかが分かります。特に、中小企業や零細企業の様に規模が小さくなればなる程、その影響力は大きくなります。

 従業員が多い企業の場合は、経営者にはそれだけ大きな責任がかかっています。しかし、大企業の場合は、役員やブレーンと呼ばれる方々の運気も大きく関係しています。また、その人間関係における力関係も大きく左右しています。

 しかし、基本的には経営者の運気が企業の運気の大半を握っていますので、経営する側の人間は自らの運気をいつも上げる様に継続する必要があります。

 気学と言う学問で言うならば、人間同様9年毎に運気の流れが来ます。そして、その波が9年毎に訪れ、その企業が弱体化する年数は36年程度です。36年もの間、同じ経営者や経営陣が継続的に関わっていくことで徐々に弱体化していくと考えられます。

 それは、経営者も企業も体力的に疲れてしまうことになります。また、経営そのものに目を奪われて、自らの運気や、企業の運気に目を向けることをしていないことも大きな原因になっています。

 ところで、運気を上げるために、経営者の方は祐気取りや風水などを活用されている方も多いのですが、その前に自ら気功的な取り組みが必要なことを知らない方が殆どです。何故ならば、祐気取りも風水も気を元に作られたもので、気そのものをコントロールできない場合はその効果を発揮することができません。

 この辺の事情を知らないために、占う側も祐気取りや風水を学術面だけで追及していったとしても、何らその現象が起こせなくとも当然です。たまたま現象が起きたとしても、それは本当に偶然であり必然的にそうなったものではないのです。

 もう、占い的なものを盲信する時代は終わらせるべきだと私は思っています。

霊能者 朱雀さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント