三つの丹田(気功の上位の鍛錬) | サードアイ 本音をずばり! powered by Ameba 

サードアイ 本音をずばり! powered by Ameba 

あなたの人生に奇跡を起こします!

復縁復活、恋愛、複雑愛、夫婦愛、婚外恋愛、略奪愛、人生全般等の問題を解決します。

7万件(私一人で)を超える実績の鑑定!脅威の的中率!脅威の願望成就率!を誇ります。真言密教 朱雀流気功 朱雀流行法 朱雀流秘術 霊視・霊感鑑定


テーマ:
 丹田には下丹田(気海or石門)・中丹田(玉堂)・上丹田(印堂or泥丸)の様に※三つの丹田があります。下丹田は太陽神経叢に該当します。下丹田が開けてから、中丹田が開け、次に上丹田が開けると言う風に、上位の丹田が開けるのは、下位より順番に開発がされることで可能になります。

 丹田が開発されるには、最初はひたすら、その部分に気を集めることが必要になります。私が秘術等で下腹部の前後運動(継続的に一定回数)や呼吸法等を推奨する理由は下丹田に気を集めることと、その部分を鍛錬するためです。下丹田が開発され気が集まり続けると、その気の密度が高まり、自然に下丹田が開かれてきます。

 下丹田が開かれると自然にその気の塊は、中丹田へと移動します。そしてそこでも気が集まり続け高まりに応じて、中丹田が開発され開かれるようになります。そして、中丹田が開発されない限り、上丹田は開発されることはありません。焦って修行することで、結局開発されずにいる方が実に多いのです。

 これらの修練は、ひとつずつ確実に行われるべきです。功を焦って行っても結局は、無駄骨になります。その開発は毎日の継続の中で、自然に成果が現れます。最初は、何も考えずに、下丹田に気を集める作業から根気よく行うべきです。気がどんどん蓄えられてくれば、自然に上位の丹田開発に移行します。

※この三つの丹田に位置に関しても、流派によってどの経穴(つぼ)に該当させるかが異なります。下丹田の位置も最初は、アバウトに捉えていただければ問題ありません。そして、丹田は気を集める器として捉えるのがベストです。

霊能者 朱雀さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント