霊的なものは、スピリチュアルなグッズなどでは絶対に取り除けません | サードアイ 本音をずばり! powered by Ameba 

サードアイ 本音をずばり! powered by Ameba 

あなたの人生に奇跡を起こします!

復縁復活、恋愛、複雑愛、夫婦愛、婚外恋愛、略奪愛、人生全般等の問題を解決します。

7万件(私一人で)を超える実績の鑑定!脅威の的中率!脅威の願望成就率!を誇ります。真言密教 朱雀流気功 朱雀流行法 朱雀流秘術 霊視・霊感鑑定


テーマ:

 霊的存在は水のあるところに集まりやすく、病院やホテル、ビルなどのボイラー室などで霊を見るのはそれが原因です。水は液体なので、固体に比べ不安定な状態にあります。霊的存在も肉体を持つ人間に比べ、不安定な状態であるから引き寄せられます。また、方位的には人が忌み嫌う、鬼門や裏鬼門などに集まり易いと言えます。

 以前に憑依する場合は殆どない話をしましたが、ごく一部(数%)の例で、もし憑依するとしたら、その人の一番弱い部分(方向)から入ってきます。病気の人には身体的に、精神的に弱い人には意識の中に憑依していきます。(だからと言って、何でも霊が憑いているという占いや霊感の先生の言うことは真に受けないで下さい。)

 また、霊的な存在はどこに、何に執着するかで、憑依する対象が変わります。人に憑依する場合は、特別な強い感情(憎悪・嫌悪・執念・愛情・同情など)を抱いた時や波長が合った時に限られます。場所に執着する場合は、その場所に思い出などの特別な意味や感情がある場合です。

 殺人事件の被害者の場合は、死後も恐怖のあまり毎日犯人から逃げようとする場面が繰り返され、ある一定の期間(数年から数十年~)逃げ続けようとします。しかし、ある時、やっと自分の置かれている立場を理解できることができた時には、今度はその犯人を探そうとします。怨み・憎しみの感情が高まった場合は、加害者に憑依し復讐を果たそうとします。復讐をさせる前に、理解してもらい成仏をしてもらうのがいいですが、復讐を果たしてしまった時には、新たな深いカルマを作った訳ですから、成仏するのにかなり時間を要します。

 ところで、殺人現場などで肝試しを面白半分でする場合に、何故怖いのかと言うと、大概の被害者は犯人を捜そうしますが、結局は見ることができず、ずっと苦しんでいる状態なので、そこに来た人に助けを求めてしまうことです。助けを求められても、除霊のできる霊能者ではないので、少しでも苦しみから逃れたいがために、その人に憑依をしてしまいます。或いは、犯人の顔させ覚えていない場合もありますから、その場合はその人を犯人だと思い取り憑いてしまう場合もあります。

 現在、スピリチュアルブームです。しかし、霊的な存在や生霊に対しては、ブレスレッドやスプレー(液体)、シールなどのグッズなどではまず取り除くこと ができません。それは、霊的な存在はそんなに素直じゃないからです。人間には本能がありますが、理性があります。しかし、霊的な存在には理性がありませ ん。それは、肉体から離れてしまうからです。生きている人間は、表面意識(顕在意識)で考えることができますが、霊的存在はいつも本能で動き、考えること ができません。つまり、本能で動く理性がない存在に対して、グッズで取り除くことは不可能です。

 

霊能者 朱雀さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント