浄霊は本来一ヶ月位かけるべきです。 | サードアイ 本音をずばり! powered by Ameba 

サードアイ 本音をずばり! powered by Ameba 

あなたの人生に奇跡を起こします!

復縁復活、恋愛、複雑愛、夫婦愛、婚外恋愛、略奪愛、人生全般等の問題を解決します。

7万件(私一人で)を超える実績の鑑定!脅威の的中率!脅威の願望成就率!を誇ります。真言密教 朱雀流気功 朱雀流行法 朱雀流秘術 霊視・霊感鑑定


テーマ:
 除霊は憑依をされている場合は身体内から、或いは、その場所から離れない霊を追い払うことですが、浄霊は親しい方の霊などの場合で、成仏を目的に行うためのものです。本来一ヶ月位かけて十分な形で行うべきです。

 一般的には、除霊と浄霊を同じ様に扱っている先生が多いのですが、浄霊を短期間で行ってもまた、その方の苦しみ等が解決しない場合は、また逆戻りするケースが多く、私は一ヶ月位かけて行います。お亡くなりになられた後、すぐに成仏される方は2、3割です。それ以外の方は様々な想いを残して留まっておられるケースが多く、ある一定の時間の経過と共に成仏への道に進んでいきます。これは、個人差があり、カルマ等とも関係があります。

 しかし、自ら命を絶ってしまったり、殺人事件等に遭われた方は、すぐには成仏への道に進むことができません。また、難病等の業病で亡くなられた方も同じです。亡くなられた方は自分の置かれている状態が理解できない方も多く、また、なかなか現場から離れられない場合もあります。苦しみの中で亡くなり、尚も毎日毎日 苦しみ続けておられるので、一日二日で浄霊をしても、成仏に至ることは難しいと言えます。

 そういう場合は、私は長期間の浄霊を行います。また、成仏されるには相当量のエネルギーが必要です。それを補うためにも最低一か月程度かけて行います。一回二回で浄霊できる程簡単ではありません。そして、そのことにより、その方の身内の方やご御子息、親族等の方々が多くの恩恵が受けるようになります。どちらにせよ、中途半端な浄霊では意味がないと言えます。

 


霊能者 朱雀さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント