除霊に関して | サードアイ 本音をずばり! powered by Ameba 

サードアイ 本音をずばり! powered by Ameba 

あなたの人生に奇跡を起こします!

復縁復活、恋愛、複雑愛、夫婦愛、婚外恋愛、略奪愛、人生全般等の問題を解決します。

7万件(私一人で)を超える実績の鑑定!脅威の的中率!脅威の願望成就率!を誇ります。真言密教 朱雀流気功 朱雀流行法 朱雀流秘術 霊視・霊感鑑定


テーマ:
 先日、除霊に伺い、今更ながら、問題点が多過ぎることに驚きました。

 単なる霊現象ではありません。事の発端は、本人の失恋が原因で心療内科に通い、抗うつ剤を飲み始めたことです。抗うつ剤を飲んで2年になると言います。

 飲み始めて、3ケ月目から霊らしき存在を感じ始め、考えてはいけないと思う強迫観念が更に、そう言う妄想を引き起こしていました。3ケ月以降の彼女の精神状態は普通でなかったことが言うまでもありません。

 しかし、問題は妄想だけで留まりませんでした。その後の彼女のマイナスの精神状態が実際的に、同じ苦しみで亡くなっていった霊を呼び寄せていました。最初は一人の女性霊だったのが、その女性霊と彼女の精神状態が手伝って、5人もの霊を引き寄せておりました。

 見るからに、暗く悩み多き女性のイメージがありましたが、私は彼女の中に必死に生きたいと言う本能を意識に見出すことができ、今後よくなる可能性を見出しました。

 こう言う除霊の場合は、彼女の精神状態がマイナスの内は、除霊を何回しても、また元に戻ることが多いのです。しっかりと本当の原因を本人が自覚する必要性と、原因になっていることを除去することが不可欠です。

 彼女の場合は、失恋が原因の精神的に不安定が原因なだけなのに、心療内科ではうつ病と診断し、彼女を本当の意味での病人にしてしまった。薬さえ飲まなければ、こんな除霊まで必要な状況にはならなかったんです。誠に残念なことです。

 それと、全てがそうとは言いませんが、先生方は薬を飲めばどうなるか、を知っていながら処方するそうです。某看護 師さんから聞いた話ですが、病気になることを知って薬を処方するこれは合法的な犯罪者です。不勉強では済まされることでもありません。医師の看板を掲げる 以上は、良心に従い行動してもらうことを懇願したいと思います。

霊能者 朱雀さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント