祈願・祈祷と行法・法術の違い等 | サードアイ 本音をずばり! powered by Ameba 

サードアイ 本音をずばり! powered by Ameba 

あなたの人生に奇跡を起こします!

復縁復活、恋愛、複雑愛、夫婦愛、婚外恋愛、略奪愛、人生全般等の問題を解決します。

7万件(私一人で)を超える実績の鑑定!脅威の的中率!脅威の願望成就率!を誇ります。真言密教 朱雀流気功 朱雀流行法 朱雀流秘術 霊視・霊感鑑定


テーマ:

 

 

 通常の祈願・祈祷は、神や仏にお願いするという他力本願です。行法・法術は、霊能者自らの力により行う自力本願の方法になります。どちらを扱うかはその先生により異なります。

 因みに、祈願・祈祷によって効果が期待できる場合でも、その効果の寿命は短く、勿論、先生の力にもよりますが、せいぜい持って1ケ月から3ケ月です。行法・法術の場合は、長ければ3年~5年、時に10年、20年以上効力がある場合もあります。

 但し、形骸化された儀式等だけしかしていないものだとしたら、そこに効果・力は存在しません。

 もし、皆さんが祈願・祈祷などをお願いする場合は、その点を一度聞いてみて下さい。明確な解答が得られない場合は偽物ですし、祈願・祈祷しかできないという先生は、一時的な解決しかできず、そこまでの先生だと言うことを覚えていていただければと思います。

 ところで、一般的な霊符・お札・呪符と言われるものも、何もうたっていない場合は、単に書いただけのもの、時には印刷物などが多く、効果の程は定かではありません。また、効果をうたっていても、自作自演の口コミを書いている広告(ステマ)などもあるので、注意が必要です。

 霊符・護符に関しても効果を発揮するためには、目的別に「意念を込めた気のエネルギー」が必要になります。書かれた文字には大した力はないのです。気のエネルギーが文字の力を引き出すものです。

霊能者 朱雀さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント