運に関する考察 | サードアイ 本音をずばり! powered by Ameba 

サードアイ 本音をずばり! powered by Ameba 

あなたの人生に奇跡を起こします!

復縁復活、恋愛、複雑愛、夫婦愛、婚外恋愛、略奪愛、人生全般等の問題を解決します。

7万件(私一人で)を超える実績の鑑定!脅威の的中率!脅威の願望成就率!を誇ります。真言密教 朱雀流気功 朱雀流行法 朱雀流秘術 霊視・霊感鑑定


テーマ:

 運に関しての諺は数多く存在します。よく使われる諺に、「運を天に任す」「勝負は時の運」「運が尽きる」「小さいことで運を使い果たす」「おのれの運を信じる者ぐらい運のいいものはない.(ドイツの諺)」等々あります。

 また、日常生活の 中でも、普通に「自分は運が良い」「自分は運が悪い」或いは、「運が巡ってきた」「運が悪かったんだよ」など、よく使われます。

 ここで一番大切なことは、 この様な表現にある様に、運は他発的なものだと言う捉え方ですが、実は、運は自発的なものであることを知らなければなりません。

 運の良い人、悪い人様々ですが、人は誰しも生来、人生の中で使えるある一定量の運を持っています。そして、その量も人によりまちまちです。

 しかし、「運が尽きる」と言う言葉の様に、その一定量を使い果たしたら、それでその人の運がなくなってしまう、と考えるのは大きな間違いです。

 運は、生来の一定量以外に、どんどん運を積み重ねて貯めていくことができます。運はある意味、預貯金の様に貯めていくことができます。そして、運は気のエネルギーと密接に関連しています。

 運はまた、現状の捉え方の違いでも変わってきます。

 例えば、「当たり前と考え、他と比較して自分は少ないと考える」か、「感謝して、その起こったことを喜べる」かです。その捉え方如何で、運と言うプラスのエネルギーを更に蓄えることができるかどうかも違ってきます。

「良いことが起こったけど、また、悪いことが起こる」
 =マイナスのエネルギー

「当たり前と考え、他と比較して自分は少ないと考える」
 =マイナスのエネルギー

「感謝して、その起こったことを喜べる」
 =プラスのエネルギー

運は蓄積して蓄えるもの+努力によっても増える」
 =プラスのエネルギー

 こんな簡単なことでも、上下の開きが生まれます。運の良い人は、プラスの捉え方のできる人とも言えます。プラスをより多く蓄える作業をしながら、捉え方もプラスであれば、運を下げることは避けることができ、更に運と言うエネルギーを蓄積することが可能になります。

 そして、その他のことでも、プラス思考(プラスの捉え方)で あるならば言うことがありません。

 運の良い人が、運が良くなることを積み重ねることにより、更に、運のエネルギーを蓄積していけるのです。

霊能者 朱雀さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント