気功の基本的な考え方”三少法”とは | サードアイ 本音をずばり! powered by Ameba 

サードアイ 本音をずばり! powered by Ameba 

あなたの人生に奇跡を起こします!

復縁復活、恋愛、複雑愛、夫婦愛、婚外恋愛、略奪愛、人生全般等の問題を解決します。

7万件(私一人で)を超える実績の鑑定!脅威の的中率!脅威の願望成就率!を誇ります。真言密教 朱雀流気功 朱雀流行法 朱雀流秘術 霊視・霊感鑑定


テーマ:

 自己制御を行い、あなたが心身共に健康でいることができるためには、”三少法”を実践することをお勧めします。当たり前のことですが、当り前の事ができないのが人間です。

 もし、”三少法”が継続され習慣になれば、あなたの心身の健康は約束されます。全ての生活の基本としてご理解下さい。

”三少法”とは、食少・言少・思少のことを言います。

 食少とは文字通り食事の量を少なくすることを言います。過食・飽食は消化器官に過重に負担をかけ、消化機能を弱らせます。長年に渡る過食・飽食は体内の気の流れを滞らせ、心身の病気の原因を作ります。また、薬やサプリメントを長年月常用することも肝機能を低下させるなどの様々な弊害を引き起こします。

 言少とはおしゃべりを少なくすることです。必要以上のおしゃべりは体内の気のエネルギーを多量に消費します。医学的にも一分間しゃべり続けると、2億8千万の赤血球を消失すると言われます。

 思少とは物事を過剰に考えすぎるなと言うことです。あーでもないこーでもないと考えたり、取り越し苦労の様に現実に起きてもいないことを考えすぎることなどは、ホルモンのバランスを崩し、多量の気を消失をさせます。

 何事に於いて中庸がベストなのです。道の右端を歩いても、左端を歩いても何かにぶち当たったり、落ちたりする危険を孕んでいます。やはり道の真ん中を歩 いていれば、人生に於いても全てがうまく運ぶようになります。

 真っ直ぐ着実に道の真ん中を歩くことが、あなたの方にあなたの望む目的が近づける最短のルートなのです。

霊能者 朱雀さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント