イギリスの住宅事情 | サードアイ 本音をずばり! powered by Ameba 

サードアイ 本音をずばり! powered by Ameba 

あなたの人生に奇跡を起こします!

復縁復活、恋愛、複雑愛、夫婦愛、婚外恋愛、略奪愛、人生全般等の問題を解決します。

7万件(私一人で)を超える実績の鑑定!脅威の的中率!脅威の願望成就率!を誇ります。真言密教 朱雀流気功 朱雀流行法 朱雀流秘術 霊視・霊感鑑定


テーマ:
 イギリスの家の80%が築60年以上の物件と言われています。家の個性や歴史を大切にするイギリス人にとっては、日本と違い幽霊の出る家の評価は高いそうで す。決して幽霊が好きな訳ではないでしょうが。。。自分の家を長年かけてリフォームする。そう言った家が価値が高いとイギリス人は考えます。今のエコの考 え方そのものですね。

 だけど、やはり幽霊に驚き、怪我をする場合もあります。そんな幽霊被害に対して、ある保険会社は、ゴースト保険なるものを作って、注目されています。日本では、それ程、幽霊が出る家は多くありません。むしろ、そう言う家は売れませんよね。

 私も結構、除霊で伺うことがありますが、イギリスの様に、ポルターガイストの様に、お皿が飛んできたりする家は少ないですね。但し、一度だけ経験がありま すが、包丁が飛んでくるお宅がありました。この方の御先祖様が、江戸時代に首切り役人をしていたために、子孫まで祟られておられたんです。

 海外と日本では霊が起す現象も違ってきます。日本人の方がやや大人しいのも納得がいきます。

霊能者 朱雀さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント