本マ堂です。

 

ゲーム三昧とか言っておきながら

ゲームばっかりやっていても楽しくないので

昨日、今日と高井戸区民センタープールに泳ぎに行ってきました。

 

昨日は心肺機能がついていかず

一時間でハーハーいって切り上げざるをえませんでしたが

今日は合間に

背骨ねじり・食べすぎ体操・後ろにでんぐり返り・活元誘導(野口整体)、

足ブラ・腕ブラ(ロルフィング)、

肩甲骨ひねり・鎖骨ひねり・鎖骨首まわし・

パワールートからの腰フリ・側腹伸ばし(骨ストレッチ)

四股(相撲)、

脚裏伸ばし(心身統一合氣道)

など各種泳ぐ合間にやった結果

2時間ラクに泳げました!

ま、やる間は自ら上がって休んでいたとも言えますが^^;

 

入院中

「薬を飲まないと退院させないよ」と監禁の上、

なおかつ手足と腰を拘束までプラスした上で脅迫されたので

(これは日本国語大辞典にある「脅迫」の項目↓が当てはまると思う)

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

(1)相手に恐れの気持をいだかせるようにして、ある行為を強制すること。

ある行為を人にさせるため、おどしつけること。強迫。
@日本国語大辞典inジャパンナレッジ
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

再度服薬を始め、

リスペリドンという薬を

過去最大量の3倍の

6mg服用すると

背骨から頭蓋骨周りにかけての中枢神経系が

まるで歯医者で麻酔をかけられたかのように

感覚が非常に鈍くなり、

今まで培った身体感覚が全て失われました。

 

なので

愉気などの繊細な技術が効かなくなり

目の疲れをとるにも

手足をチョッピング&頭頂から側頭にかけてを指でタッピング

という

かなり粗雑な方法からやり直す羽目に。

 

はー、やれやれ。

 

「本マな日常と編体な日々」で書いてきたように

模範的な態度・・・かどうかはともかく

医者や看護士に信頼されたおかげで

薬が3mgまですぐに減量され

スピード退院できましたが

身体の使い方も一からやり直し。

 

技術を無視して感情のみで歌うことや

音楽に合わせて自在に踊ることはおろか

無意識をつかって体をゆるめる運動である

活元運動すら出なくなっていて

おおう!という感じでしたが

お店でのマッサージと水泳と

お灸をすえまくったおかげで

だいぶ回復してきて

まさに、はー、やれやれです。

 

あいかわらず

常識にとらわれないフリーダムな泳ぎ方をするので

ライフセーバーのお兄さん、お姉さんたちの視線が釘付けで

最後は背泳ぎとクロールを足したような

ドリルのように水面を滑走してました(w

 

言葉での説明が難しいので

誰か動画に撮って(笑

 

また湯河原の自宅に移動して

片付けをする予定ですが

そろそろ本マ堂の本来の仕事である「本屋さん」としての内容も

書いていきますね。

 

お楽しみに!