妊娠12週未満の死胎児と処置の仕方 | はひふへ本光寺のブログ|千葉県市川市にある日蓮宗のお寺|本光寺公式

はひふへ本光寺のブログ|千葉県市川市にある日蓮宗のお寺|本光寺公式

平成22年(2010年)、動画CM「はひふへ本光寺」にあわせて、ブランドメッセージ「お寺は笑顔になれる場所」を掲げました。

 
最近、「妊娠12週未満の胎児を火葬してください、供養してください」というお問い合わせが多く寄せられます。
自宅で妊娠12週未満の胎児流産してしまった場合、死胎児の処置の仕方についてご説明します。
 
まずは、妊娠12週以降の死胎児についてご説明します。
妊娠12週以降の胎児は、7日以内に各市町村に死亡届を提出しなければなりません。
死亡届が受理されると火葬許可証が発行され、指定された日時に火葬してもらいます。
火葬後は、本光寺の水子納骨墓に納骨することをおすすめします。
 
 
つぎに、妊娠12週未満の死胎児についてご説明します。
妊娠12週未満の胎児は、法律上、どのように処理してもかまいませんが、
日本産婦人科医会によりますと産婦人科の指定医師が丁重に処置することになっています。
そして産婦人科が専門業者に委嘱して丁重に処理していただきます。
ご供養に関しては、本光寺で水子供養することをおすすめします。
 
 
さて、冒頭のご質問「火葬してください」ですが、答えは「火葬できます」です。
本光寺ではペットの火葬を行っておりますので、ペットの火葬炉であれば火葬できます。
しかしながらペットの火葬炉は究極の選択だと思います。
もちろん火葬の立ち会いや自分たちでお骨上げもできます。
火葬費用は16,000円程度です。
火葬前に読経供養を行う場合は追加10,000円~20,000円です。
ちなみに、妊娠12週未満の死胎児は火葬しても灰しか残りません
その灰を骨壷に入れます。
 
 
では、「ペットの火葬炉での火葬は嫌だ!」という場合はどうすればいいのでしょうか。
火葬は諦めて受診している産婦人科にお願いしましょう。

 

 
【令和元年(2019年)11月3日更新】

(1)お布施について
  ・お布施は、火葬費用+読経供養です。
  ・火葬費用は22,000円(税込み)です。骨壷はこちらでご用意します。
  ・読経供養は必須です。10,000円(炉前)、20,000円(本堂)からお選びください。
 
(2)誓約書について
  ・「妊娠12週未満の死胎児である」というご誓約をいただきます。
 
(3)火葬証明書について
  ・本光寺から火葬証明書を発行いたします。(後日郵送)

(4)お申込みの流れ
  ①お電話で「水子火葬をお願いします」とお伝えください。火葬日程をお決めします。
  ②公式サイトで会員登録後、お問合せより、正式にご予約ください。
    ・お問合わせ内容は、「供養」の「水子供養」を選択してください。
    ・「本文欄」に、①命日(流産した日)、②決まった火葬日時、③交通機関(公共交通機関か車(駐車場1台300円))をご記入ください。

(5)火葬当日のお願い
  ・火葬時間の30分前までには到着するようにお願いします。

 

 
いつもお読みいただきありがとうございます。
 

日蓮宗 法華道場 光胤山 本光寺

 

〒272-0805

 千葉県市川市大野町3-1695-1

 tel 047-337-8324 (9:00~11:30 / 12:30~17:00)

 東京アクセス:東京駅から37分

 JR市川大野駅から徒歩3分

 

 京葉道路「市川IC」から20分(※2016年11月 浦安鎌ケ谷線が全線開通)

 東京外環自動車道「市川北IC」から15分(※2018年6月 開通)

 

 2018年1月1日より敷地内全面禁煙

 お車は駅周辺コインパーキングへ


 公式サイト http://www.honkouji.com/

 水子供養 https://www.honkouji.com/houmu/kuyou/mizuko/index