病気になる | 美音の健康レシピ

美音の健康レシピ

心も体も健康でいたい!残りの人生、美味しく食べて、元気に歩いて、シンプルに過ごしたいです

検査したら

数字が高くなっていたから、

数字を下げようと思うのは当然のこと。

 

でも

数字を下げることばかりに気がいって、

なぜ数字が上がったのか、

考えない人が多いです。

 

 

先日みのもんたさんが

パーキンソン病になられたとのことで、

ある病院の医師は

減少しているドーパミンを増やすことをお話していました。

 

 

ただ

みのさんはパーキンソン病以前に

糖尿病ですね。

 

糖尿病の人は

血液が汚れ、血管内はドロドロ状態。

循環がたいへん悪くなっている病気なのです。

 

血糖値だけ下げても、

糖尿病の原因である

 

 “血管の汚れ”

 

をそのままにしておけば、

 

そこに重なって、

もう一つ病気が当たり前のように発症していきます。

 

 

 

 「みのさんが

  肝臓をきれいにして、

  血管や臓器をきれいにできれば、

  お体も元気に快復されるでしょう」

 

と、私が勝手に想像しても、

みのさんにお話しできる手立てもなく、

 

どうしたら

真の健康を望む方々に

正しい情報を伝えられるかと

またまた思いを巡らしてしまうのです(-_-)

 

 

 

今の病気の原因は

ほとんどが食事や生活習慣によってできた

“血管や臓器の汚れ、詰まり” です。

 

中高年者だけでなく、

最近は若い方も血液の汚れが早いです。

食べ物が偏っていますものね。

 

 

数字が上がったから下げればいい、

減少したから増やせばいいというだけでは、

 

病気になった“原因”はそのままですから、

病気は治らないまま、

次から次へと症状は悪化していきますよ。

 

 

健康で生きていくためには、

特別な知識は必要ありません。

 

何が原因で病気を患ったのか、

どうすることが今の自分にとって大事なのか、

 

道理に沿って考えれば、

とても簡単なことなのです。

 

自然の中で生かされていることを知れば、

体って、シンプルなんだと分かります。

 

 

 

手足や頭を自分の思うように動かして、

毎日を楽しく過ごすためには、

 

体の循環をよくして、

必要な機能を活発に動かしてあげることが

なによりもなによりも重要なのだということ、

覚えておいてくださいね。

 

数字が上がったとか下がったとか、

目に見えるところだけでなく、

そうなった原因に気持ちを持っていくことが

病気を改善するには、とても大事なことなのです。

 

 

 

 

 

クリックしていただけると嬉しいです(^^)/

 

にほんブログ村 健康ブログへ
これからも健康でいたいよね(^^♪