みなさまの光る日々が続いていきますように。 | 生き辛さをもつ女性やママのための【毎日あなたに寄り添うメールカウンセリング】自己肯定感UP目標達成!楽しく人生が180度変化!

生き辛さをもつ女性やママのための【毎日あなたに寄り添うメールカウンセリング】自己肯定感UP目標達成!楽しく人生が180度変化!

私の光であなたの闇を
あなたの光で私の闇を

補いあって
支えあって
響きあって
繋がりあう。

関係性の中でおりなす誰もが光り合う

そんな日々が当たり前の世界になりますように。



こんにちわ、
光る日々の斉田です。


今回の台風19号が発生した時から、
そして、
日曜日あたりから
とてもいやな空気が漂っていて
ある種の意思さえも、感じていました。


ですので、
今週は、ほぼ毎日、クライアント様方に
台風の備え、または、
直接影響のない地域の方には、
台風が少しでも勢力が弱まったり、それたりと良い方向に進むよう
意識をしておきましょう
という話をくどいほどしてきました。

(多くの人が意識をするだけで、結果や現象が少しづつ変化するからです。)


専門家も私たち一般人もTwitterで
多くの拡散をして注意喚起されています。

テレビでもしかり。



Googleアース検索すると(衛星写真)本当によくわかりますが、
今回の台風19号は、
日本を飲み込むような
信じられないほどの大きさで、かなり絶望的です。


もし、直撃したら・・・歴史的災害となることも予想されています。。



良かった良かった、心配しすぎていっぱい準備しちゃったけど
これくらいで済んで本当に良かったね!!
そんな結末になることを切に願って
今日は書きます。

拡散されて、かなり多くの人に利用されているのは、
養生テープというもので、品切れのお店続出だそうです・・

はがしやすいという利点を使い、
窓ガラスのガラス飛散防止対策として使われています。
ガラスを突き破る可能性があるとも喚起されていますね。

家の周りに出しているものがあれば、
全て屋内へ。

そして自宅自体がすでに危ういということであれば、
安全な場所への避難を。
安全な場所・・・・・・・・どこまでが安全なんだろうか。


そして、
台風19号の暴風域に当たる地域の方は
今一度、ライフラインが途切れてもせめて一週間ほどは
食べて生きれる用意があるかどうか、確認しましょう。

電気が止まった時、ガスが止まった時、水が止まったときはそれぞれどうするのか?

対策は十分ですか?

赤ちゃんがいらっしゃる家庭はオムツ、ミルク、
母乳の方は、ストレスで母乳が出なくなることもありますので、
ミルクは必ず必要です。

離乳食のストックも必要でしょう。
アレルギーのある人、アレルギーの子どもさん対応のストックがあるか。

犬や猫などペットを飼っていらっしゃる方はペットに必要なもの。
万が一、被害が出て避難所に行く事になれば、
動物アレルギーの方もいらっしゃる可能性はあるので、
その際の対策はどうするのか?
ペットを飼っていらっしゃる人は多いと思いますので、
その辺の対策もしっかりと・・・

水の確保。
食料、ラジオ、充電器、電気、各種電池、ガスコンロ、ガスボンベ
コンロなしでも加熱して食べれるもの、
カラダを清潔に保てるタオル簡易トイレ。
ゴミ袋は必須だし、寝る時必要なものシュラフとか。
サランラップも。

あと、もし、避難所生活が必要になるとして、、、
女性、女子、女児は、リュックや服がやたらかわいいとか、ピンクは、非常に危険です。
まじで。

あとは、それに関連すれば、
もし避難所に行く必要が出る場合は、お手洗いは必ず3人以上の複数で生きましょう。
基本的に3人以上の複数で固まって過ごすこと。

こどもからはもちろん、目をはなしてはいけません。
こどもがいらっしゃる方は、
こういう時はどうする、どこに行く、など、
いろんなパターンを想定して家族間での共通認識を作ること。

あと、現金がなくて困ったという経験談はけっこあがっていました
それも小銭とか千円札とか。
電気が止まればキャッシュレスも通用しないので、
現金は大事だと思います。
車がある人は、ガソリンの補充。

携帯の充電は大丈夫か?など。

あげればもちろんキリはないのですが、
結果、あ~良かったね、と大切な人と笑い合えればそれが一番です
ただ、
いつ何があっても対策は大丈夫という準備と対策は
安心感につながりますし、心にも余裕が生まれますよね。

あとは、こういう時は、とにかく、人のあたたかみって
ものすごく救われるので、
大事な人との連絡、できれば一緒に過ごせることを願います。
私は福岡から、
少しでも被害が最小で済むように
祈ることしかできませんが、
各当するみなさまは、どうか命の安全を第一にお過ごしください。


雲ひとつない澄み切った青空をみながら、
週末に、恐ろしい台風が多くの人を襲う・・・なんて
想像もしたくありませんが、
どうか、みなさま、ご無事で。


最後までお読みいただきありがとうございました。