ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症 | 姿勢を整えて健康と美容をサポート【ほねつぎ草津上笠はりきゅう接骨院】

姿勢を整えて健康と美容をサポート【ほねつぎ草津上笠はりきゅう接骨院】

・感染対策万全
・全施術者国家資格所持者
・骨盤調整・姿勢調整で根本改善
・姿勢分析で痛みの原因が明確に!
・止めやすい駐車場10台完備
・時間ではなく結果にこだわります
・無駄に通わせません
・土曜日・祝日も17時30分まで営業
・院内が清潔で明るい空間

ヘルニア・坐骨神経痛

「坐骨神経痛」や「ヘルニア」で悩まれている方は非常に多くいらっしゃいます。
どうしたら、この痛みやしびれが無くなるのか…。
皆さん、諦めに近い思いで色々な所へ通い、様々な方法を試されているのではないでしょうか。

注射やマッサージをしても、一時的には良くなったような感じにはなります。
しかし、しばらくするとまた、痛みやしびれが繰り返されてはいませんか?

それは、あなたに合った最善の方法ではないから、いつまでも痛みが繰り返されてしまうのです。

 

なぜ、ヘルニアや坐骨神経痛になるの?

坐骨神経痛やヘルニアの一番の原因は、身体の歪みです。
腰は人間の身体の真ん中に位置しており、
お腹の奥深い所にある筋肉・骨盤周りの筋肉・背中の筋肉で支えられています。
これらの筋肉が、猫背など姿勢の悪さや片側だけに偏った重心によって、
常に引っ張られたり、常に緩んだりしてしまいます。
そのような筋肉にひっぱられ、骨盤や背骨など骨格が歪んでしまい、
それが負担となり、痛みやしびれが出てしまうのです。
 
 

このまま放っておくとどうなるの?

坐骨神経痛、ヘルニアをそのまま放置すると、下半身に力が入りにくくなります
足の先までしびれが強くなり、歩行困難や、じっとしていても痛みが続き身体を動かす事さえ辛くなってしまいます。
さらに、悪化すると排尿や排便といった排せつもうまく出来なくなる場合もあります。
 

あなたの坐骨神経痛はどのタイプ?

坐骨神経痛は病名ではなく、頭痛や腰痛といった状態を表す名前であります。
それぞれ原因があり、どこから痛みやしびれが出ているのか、しっかりと見極めることが大事です。
 

腰椎椎間板ヘルニア

 

腰椎椎間板ヘルニアとは、椎間板の中からゼリー状の物が飛び出し神経を圧迫し、

お尻や足に痛みやしびれが生じます。とくに以下の人に多く見られます。

 

ヘルニア

 

  • 30~40代の若い年齢層
  • デスクワークなど同じ姿勢で長時間作業される方
  • 運送業で重い荷物を運搬する方

腰椎すべり症

腰椎すべり症とは、腰椎が前後にずれてしまう現象です。

  • 激しい運動をしている10代の成長期の子供
  • スポーツ選手やスポーツ経験者
  • 積み木の様に連なっている腰椎が疲労骨折
  • 骨がくっつかず、段々離れていき少しずつ後ろに滑り神経を圧迫
  • 腰痛になりやすく、ぎっくり腰のような強い痛みを感じる事もある

腰部脊柱管狭窄症

加齢により脊柱管が狭くなることで、腰痛や足の痛み、しびれなどが起きます。

  • 50~60代の高齢の方に多い
  • 加齢による筋力の低下が主な原因
  • 骨や靭帯の変性により起こる
  • 長い時間歩いたり立っていると足が重だるくなり、しびれて歩行が困難になる
  • 少し休むと、再び動けるようにはなるが長い距離を歩くことは出来ない

梨状筋症候群

お尻の奥の方に、梨状筋という筋肉があり、その下を坐骨神経が通っています。

この梨状筋が、姿勢の悪さなどで疲弊すると凝り固まり、

その下にある坐骨神経を圧迫します。とくに以下の場合に多く見られます。

 

太腿、足先がしびれる梨状筋

 

  • 若い世代から高齢の方まで幅広い年齢層
  • 中腰での草むしり、ゴルフ、長時間の運転など日常生活やスポーツなどで起こりやすい
  • お尻や太もも、足の先までしびれを感じる

仙腸関節障害

仙腸関節は、骨盤の骨である仙骨と腸骨の間にあり、強力な靭帯で結ばれている、

わずか2~3ミリ程度の動きをする関節です。

これが少しでもずれると、坐骨神経痛を引き起こします。

  • 中腰での作業や産後の方、女性アスリートによくみられる
  • サッカーやソフトボールなど片足に強い荷重をかけるスポーツをする人によく起こる
  • 一時的に休息しても動き出すと再発する

妊娠、出産を経験した女性

妊娠・出産を経験された方は、坐骨神経痛やヘルニアになる方が多いのは、このような理由からです。

また、妊娠中より産後のほうが痛みが強くなる傾向があります。

育児も大変ですが、ご自分のお体もいたわってください。

  • 妊娠中は骨盤周りの筋肉に負担がかかるから
  • 重いお腹を支える為、腰を反ってしまうから
  • 赤ちゃんを抱っこするときに反り腰になってしまうから

ヘルニア・坐骨神経痛施術方法

なかなか良くならない坐骨神経痛やヘルニアは、身体全体の歪みが原因ではないかと考えております。

痛みやしびれのある場所だけ見るのではなく、どこが原因なのか、

しっかりとお話を聞きながら、身体全体を入念に検査をします。
私たちが一方的に決めて進めるのではなく、

一緒に今ある問題を理解しながら進めると安心感もあり、より良い方向へ行くからです。

原因が明確に分かれば、その方に合った最善な方法でアプローチします。
緊張して硬くなってしまった筋肉を、本来の働きが出来るようにバランス良く整え、

歪んでしまった骨盤や骨格を正しい位置に戻します。

整えただけでは、また身体は記憶してしまった姿勢に戻ってしまうので、

施術後のアフターケアも時間をかけて、丁寧にアドバイスします。

手術しかないと思われている方、もう諦めの気持ちがある方、諦めなくても良いのです!
是非、私たちにお任せください!

 

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄と言われ、あちこち通い、「何故なんだろう…」「どうしたら良くなるの」と色々調べたり、

試したりしながら、悩まれていらっしゃると思います。

ご自分の身体だからこそ、諦めず「何かいい方法があるかもしれない!」と様々なケアしてきたことでしょう。

電気やマッサージをしてもらっても、その時だけは和らいだ気持ちになっていませんか?
このような事を繰り返していると、あなたの悩みはなかなか解消されません。

 

何故、脊柱管狭窄になるの?原因は?

脊柱管狭窄は一般的に、

神経の通り道(脊柱管)が狭くなり(狭窄)、神経や血管を圧迫されて、様々な痛みやしびれが生じると言われております。

こちらのような事が当てはまる方は、引き起こしやすいです

  • 腰椎すべり
  • デスクワーク
  • 育児、介護、農作業など中腰での作業
  • 荷物の上げ下ろし
  • 猫背

脊柱管狭窄症の原因は3つ!

第1位 背骨への負担

長年の姿勢の悪さ、特にソファーに座った姿勢は身体が沈み込み、重心が後ろに移動しています。

そのため、背骨に負担がかかり続け、椎間板が変形し神経を圧迫しています。
猫背も確かに楽な姿勢です。かといって、腰を反らし、胸を張った姿勢もよくありません。

身体のどこにも負担がかかっていない、きれいな姿勢は筋肉と骨格のバランスがとても大切です。

 

第2位 過去の圧迫骨折

女性は男性に比べ、ホルモンの関係上、46歳を過ぎると少しずつ骨密度が減っていきます。

転倒や重たい荷物を持った瞬間、腰椎を骨折というケースもあります。
些細な日常作業で骨を折ってしまうので、「いつの間にか骨折」などと呼ばれることもあり、

積み木のようにきれいに並んでいた腰椎が何らかの衝撃でダメージを受け、脊柱管が狭くなります。

 

第3位 靭帯の肥厚(分厚くなる)

背骨は積み木のように重なって並んでおり、骨と骨が離れたり、ずれたりしないよう、靭帯が強い力で繋ぎ留めています。
姿勢が歪み、体重の掛かり具合により、靭帯が肥厚(分厚くなる)します。

分厚くなった靭帯が、脊柱管を狭くしたり圧迫してしまい、腰への負担を増やします。

脊柱管狭窄の特徴

脊柱管狭窄は腰の痛みや、お尻から足にかけての重だるさ、しびれ、灼熱感などがあります。

腰椎椎間板ヘルニアなどのように、よく似たタイプが種々ありますが、

その特徴をよく表しているのが間欠性跛行(かんけつせいはこう)です。

間欠性跛行(かんけつせいはこう)とは?

歩くとすぐに足が重だるくなり、途中でしゃがみこんでは休憩し、また歩き出すという経験はありませんか?

このように、歩く→休息を繰り返す事が特徴的です。

軽い場合だと、30分ほどの歩行は可能ですが、段々ひどくなると5分も歩けないといったつらい状況になってしまいます。

  • 近所までの散歩や買い物さえ出来ない
  • 友人のお誘いも迷惑かけまいと断ってしまう
  • 外出中は常に椅子のある場所を探す
  • 道端でしゃがみこむので周りに心配をかけてしまう
  • 孫の結婚式に行けるかどうか心配

これら全ては、お越しくださっている方々の実際のお声です。

脊柱管狭窄とは別に、長い時間、歩くことが難しくなってしまいます。

ですが、身体を動かさないと、人間の筋肉は簡単に弱ってしまいます。

 

脊柱管狭窄症の施術方法

私たちは、脊柱管狭窄の原因を探るため、じっくりとお話を聞きながら、

何気なく行っている姿勢、歩き方、筋力、呼吸などあらゆる角度から調査します。

詳しく分析した結果をもとに、施術へと移ります。

お1人おひとりの身体の状態に合わせ、負担がかかっている筋肉と骨格を整えていきます。
フラットな状態となった身体で正しい姿勢、そして正しく呼吸出来るように呼吸法も指導いたします。

ご自宅でも簡単に出来るセルフケアもアドバイスします

施術している時間は1日のなかでも、1時間にもなりません。

ですが、お家で過ごしている時間の方が圧倒的に長いです。
その為、

その方のクセや筋肉量などを考慮しながら、ご自宅でも簡単に出来るセルフケアもアドバイスします。

姿勢や呼吸法だけでも気に留めながら、生活すると、良くなるスピードは断然違います。

「これぐらい大丈夫」「ちょっと我慢すれば動ける」と思わずに、少しでも不調を感じたなら、お気軽にご相談ください。

私たちは本気で立ち向かいます。是非、お任せください!

 

 

 

☆。*★ほねつぎ草津上笠はりきゅう接骨院★*。☆*
〒525-0028
滋賀県草津市上笠2-17-6
℡:077-599-3907
平日  午前:9:00~12:00
     午後:15:00~19:30

土・祝  9:00~17:40