不老長寿の果実、ハスカップ

テーマ:

こんにちは!

受付の大賀ですニコニコ

 

先日、北海道旅行に行かれた患者さんから、ハスカップのお菓子を

いただきましたニコニコ

 

とってもおいしかったのですが、あまり聞き慣れない「ハスカップ

とは、何なのか、気になったので調べてみました。

 

ハスカップ

 

ハスカップ

北海道の方々には違和感のない名前だそうですが、

始めて聞くと、それが果物、果実を指しているとは、なかなか想像できません。

 

ハスカップの名まえの由来はアイヌ語の「ハシカプ」。

枝のうえにたくさんなるもの」を意味します。


また、生産の盛んな地域で昔から親しんでいる方々からは「ユノミ」という愛称で

呼ばれています。これもアイヌ語「エノミタンネ」(意味は「細長い実」)が由来だと

されています。

 

北海道では5月中旬から6月上旬にかけて白い花を咲かせ、

徐々に黄緑色の実をつけます。6月下旬から8月中旬が旬

 

ブルーベリーに見た目は似ていますが、ブルーベリーが球体なのに対して、

ハスカップは丸みを帯びた円錐形なのが特徴です。

酸味はブルーベリーより強め。皮が薄く、水分含有量が多いため、

食べた瞬間に甘酸っぱさが口いっぱいに広がります

 

ハスカップは、現在、「不老長寿の果実」として全国から注目されている果物です。

 

ハスカップは非常に傷みが早く流通に適さないため、生のハスカップが本州に出回ることはほとんどありません。

 

北海道ですら、スーパーで生のハスカップを見かけることは稀で、直売所で見つけたら

ラッキーと声を上げてしまうほどだとか。

 

ハスカップは不老長寿の果実と言われるだけのことはあり、カルシウム、鉄、

ビタミンC、Eなど、他の食べもの、果実とは比べものにならないほど多くの栄養成分を

含んでいます。

 

栄養豊富で、不老長寿の果実の異名を持つハスカップ

 

ハスカップ使用の製品はどれもハスカップの美味しさを活かしつつ、

酸味を抑えて作られており、とても食べやすいそうです。


また、なかなか手に入れるのは難しいですが、いつか、生のハスカップにも

挑戦してみたいと思っていますお願い

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

さくらLifeはりきゅう接骨院

東区土井4-1-34-1F

でんわ092-410-9238

 

交通事故治療

~無料相談受付中~

 

ちょうようきん楽トレお試し体験受付中ちょうようきん

 

治療コラム

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇