ホメオパシー体験談 娘の首にあった、生まれつきののう胞が、9か月目でだいぶ、小さくなりました   | ホメオパシーセンター石川金沢 「 過去の意味に気づき、未来に夢を持ち、現在を楽しむ。」幸せを感じる心と体を再び取り戻しましょう。

ホメオパシーセンター石川金沢 「 過去の意味に気づき、未来に夢を持ち、現在を楽しむ。」幸せを感じる心と体を再び取り戻しましょう。

そうです。もうすでに、解決の方法があるのです。「ゼロポイントフィールド」に繋がる 森羅万象のレメディーが、時空を超えあなたの中の神を、目覚めさせるのです。ホメオパシーで自分の人生に、自分で魔法をかけましょう。 待っていてはダメ、それは、今です。

★ホメオパシーには解決策があります⇒
★ホメオパシー体験談⇒
★妊娠・出産にホメオパシーを活用⇒



K様 体験談

娘の首にあった、生まれつきののう胞が、9か月目でだいぶ、小さくなりました。

波動測定とホメオパシーを行って嬉しい変化がありましたのでお知らせします。

娘(5歳)の首に生まれつきののう胞があり、大きさは1.5cm×1.0cm程度のもの
でした。お医者さんには、「目立つのでもうそろそろ手術を。でも首なので、
神経がたくさん走っていて、手術は難しい」と言われ、とてもショックを受けました。

どうしても手術をしたくなかったので、波動測定(QXによるホメオパシー相談会)とレメディーを処方してもらうことに。

H15年11月から始め、サポートLym(リンパ)を中心に心と体の波動が上がるよう
サポートK-T(肝臓-胆嚢)、オブシディアンなどいろいろなレメディーを飲みました。
波動測定も1~2ヶ月ごとに必ず受け続けました。レメディーを摂り始めて、半年たった
頃から、なんとなく首のぐりぐりが目立たなくなり、なんと今年8月の定期検診では、
0.6cm×0.3cmにまで小さくなっていったのです。この変化に、お医者さんもビックリ。

「おかしいなぁ、確かにのう胞だったのに。自分の力で治したなんてすごい。不思議だ!」と叫んでおられました。

半年に1度の検診が1年に1度になり、手術をせず、このまま治っていくのではないかと
思え、明るい気持ちでいます。

本当に私達をすくって下さった森さん、そしてホメオパシーに感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。



弊社 看板横に朝顔咲きました。