翔んで埼玉 | ホモルーデンス
新型コロナウイルスに関する情報について

ホモルーデンス

東京で大学受験指導の塾講師(数学・英語)をしていました。強度のHSP気質です。趣味はピアノ、カエルやトカゲを捕まえること、読書。

ご訪問ありがとうございます。

 

最近深刻になりすぎるから、これを借りて来ました。

以下、ネタバレを含みます。

 

翔んで埼玉

 

さいこう。

 

東京に5年住めば感じていた、埼玉県を見下す視点、自虐している(らしい)地元の人たちの視点が、ものすごくデフォルメされて、荒唐無稽なストーリーの中に、よく表れていますね!

 

漫画だから描けたのかな、すごいね。

 

 

都内における格差もよく表れていますね。

田無・八王子を見下す視点が・・・沿線にいたから、分かります。

 

池袋の風景を思い浮かべながら、見てました。

東武東上線って、ここが始点ですね。埼玉方面に向かう。

 

群馬=秘境って笑 まぁ、都民はそう思うかも。

 

それと、埼玉県の地名がたくさん出てきましたね。

 

「埼玉県の市の名前を知っているだけ挙げてみよう」

小学生の頃から、地図マニアな父の暇な出題に答えていたから、かなりおなじみです。

 

さいたま市はひらがな~♪

大宮と浦和の内輪もめ

 

うなづくこと多し。

 

春日部に家を建てよう、っていわれて白目むいたお嬢さんの気持ち、分からんでもない。

 

GACKT様、麻美麗(漢字合ってるかな)とてもはまり役です。

こんな訳でも完璧に演じるなんて、尊敬します。

 

クライマックスの千葉・埼玉連合軍って、泣いちゃった。

最近涙もろいのです。

 

東京一極集中とか格差とか、堅くなりそうな話がちりばめられていながら、壮大にして荒唐無稽なストーリーに大笑い。

 

作者は本当に素晴らしいね。

 

笑って、そしてしんみりしてしまいました。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。