【コロナで休園どうする?!】コロナ時のベビーシッター【あらかじめ登録しておいて!!】 | 子育て 本命!~やさしい政策~台東区議会議員 本目さよのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

【コロナで休園どうする?!】コロナ時のベビーシッター【あらかじめ登録しておいて!!】

こんにちは!
 
台東区議会議員 本目さよ(ほんめさよ)です。




都内でも再び新型コロナウイルスの感染が再び増えており、心配ですよね。

変異種がこどもにも感染すると聞いて不安になっているところです。



「保育園が休園になったとき、どうしても仕事が休めなかったらどうしよう?」
「急な休園に備えて、前もって準備しておくべきことはあるの?」

不安な保護者の方も多いのではないでしょうか。
今日は、コロナによる突然の休園について、

家庭でできる事前準備について紹介しますね。

★休園になる前(通常時)にできること:シッター会社を探して、登録しておく!

登録するベビーシッター会社に対して年会費や入会金がかかるケースが多いのですが、保護者が休めないケースが想定される場合はシッター会社への登録がおすすめです。

ポイント① 台東区のベビーシッター利用補助が使用できる事業者か?

台東区では、コロナの影響で保育施設等が休園になった場合に、都が認定するベビーシッター事業を利用した保護者に対して、利用料を補助しています。
条件を満たせば、1時間150円で利用できます!

区のホームページはこちら↓
https://www.city.taito.lg.jp/kosodatekyouiku/kosodate/mokutei/hoiku_youjikyouiku/hoikutakuji/sitter/bebisi_korona.html

対象事業者はこちら(東京都ホームページ)↓
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kodomo/hoiku/bs/jigyoushalist.html
※東京都のベビーシッター利用支援事業(ベビーシッター事業者連携型)の対象事業者と同じです

会社の福利厚生制度がある場合は、そちらも確認するとよいかもしれません。

 



ポイント② 各シッター会社の、休園時の利用ルールを確認


コロナの影響による休園時の利用の場合、各シッター会社によるルールが異なります。
「本人に風邪症状がなければ利用可」「濃厚接触者でなければ利用可」など、各シッター会社の設けている利用条件を確認しておきましょう。

★いざ休園になってしまった場合にできること:シッター利用補助について、分からないことがあれば17:15までに区役所に電話

予約しておいたシッター会社を利用する場合、「明日すぐ使いたいのですが、対象者確認書の交付を受け取りにいけない・・・」等の困りごとが発生するケースがあるかと思います。

 

おそらく、ベビーシッターすぐには利用できない仕組みなのですが、

まずは区役所に電話です!!



区役所の電話窓口は17:15に閉まってしまうので(子供のお迎えの時に閉園のことを知ったとすれば、結構ギリギリ?)、疑問点の確認電話は17:15までにしましょう!
 区役所の窓口:教育委員会児童保育課 03-5246-1234

小学校の休校については、昨年度まではベビーシッターが使えたのですが(東京都の制度で)

今年度はないみたい。



こどもを育てる保護者のみなさま、不安も大きい中、過ごされていると思いますが・・・
できるだけの準備はしつつ、毎日を乗り切っていきましょう。
お困りごとがあれば https://www.sayohomme.com/inquiry/までご連絡ください。