ファミリーフレンドリー施設づくりプロジェクト(子連れに優しい施設づくりプロジェクト) | 子育て 本命!~やさしい政策~台東区議会議員 本目さよのブログ

ファミリーフレンドリー施設づくりプロジェクト(子連れに優しい施設づくりプロジェクト)

こんにちは!

 

 

台東区議会議員 本目さよです。

 

 

今年の2月に実施したファミリーフレンドリー施設づくりプロジェクトですが、

実施の報告をしていませんでした。ごめんなさい!

 

 

実際に、参加者の方から出た意見をまとめたのがこちらです。

 

区有施設の担当課である施設課に渡しました!

(すでに担当課ではチェックリストの案ができており、

それに対して足りないものを補う形での提案です)

 

 

 

子連れにやさしいトイレや授乳室のチェックポイント

(ファミリーフレンドリー施設づくりプロジェクトのワークショップより)

 

(【】内は既存施設の改善)

 

 

 

 

トイレ

 

□男女ともにベビーカーで入れる広さの個室をつくる

□オムツ替えシートと着替えシートを男女ともにトイレにつくる

 

【補助鍵やカバーのとりつけ】

□男女トイレそれぞれに子ども優先トイレを設置

□紙おむつの少量販売を実施

□おむつ用ゴミ箱を設置&衛生面に配慮

□子ども家庭支援センター等子ども向け施設では職員に預けてトイレに行っていい旨表記する

□荷物置きやフックを設置(最低大きな荷物とコート、抱っこ紐をおける)

□子ども用の椅子から非常用ベルや鍵に手や足が届かないところに配置。

 

授乳室

 

□母乳をあげる個室には鍵が必要

□授乳室自体は男性もはいりやすい形(たとえば男性使用可能のサインをつけたり、

入り口自体はドアはなくオープンにするなど)

□既存施設にはママロなどの設置も検討

□搾乳も対応可能と表記

□壁に上の子用のイラストやシールなどを貼る(動物や町並みだと時間をつぶせる)

□椅子は背もたれがあればいいわけではなく長椅子など一度子どもをおろせる場所をつくる

□荷物置きやフックを設置(最低大きな荷物とコート、抱っこ紐をおける)

□匂いと明るさに配慮

□お湯と水が使え、流せる設備をつける

 

 

区役所としては、ガイドラインをつくるとのことですが、

引き続き追いかけていきたいと思います。

 

 

台東区議会議員 本目さよ