公立認可保育施設のおむつ持ち帰りについて | 子育て 本命!~やさしい政策~台東区議会議員 本目さよのブログ
2019-04-03 15:31:52

公立認可保育施設のおむつ持ち帰りについて

テーマ:活動報告

こんにちは!

 
 
台東区議会議員 本目さよです。
 
 
台東区で、おむつの持ち帰りってどうなってるの?という話も聞くので、
議会での本目さよの提案も含めて記事にしてみました。
 
 
 
【要約】
平成29年10月 おむつ持ち帰りは今どきどうなの?
衛生面、保育士さんの手間、保護者の負担考えて園で処分するべきでは?検討して!
 
平成30年3月 検討状況どんな感じ?
→ゴミの日までおいておく場所が課題。引き続き検討する。
https://twitter.com/SayoHomme/status/1098774253825011712

 

平成31年3月 予算特別委員会にて(ほんめは委員じゃないので傍聴していたところ、話題に上がっていました)ついツイートしてしまったのがこちら。

https://twitter.com/SayoHomme/status/1098774253825011712

【台東区議会予算委員会 区立保育園オムツ持ち帰りについて】 (以前に本目から検討をするべきと提案している)
公明党 小菅議員 オムツ持ち帰りについては区で処分の方向で要望
自民党 高森議員 オムツはせいぜい2歳児くらいまで。何でもかんでも園でやればいいというものでもない。よく考えて。

 

 

 

 
https://twitter.com/SayoHomme/status/1098774253825011712

 

=====議事録全文はこちら======

 

平成29年決算

 

◆本目さよ 委員 ちょっとすみません、これ幼稚園で聞くか保育園で聞くかこども園で聞くか悩んだんですけれども、304ページの石浜橋場こども園管理運営のところで、恐らく光熱水費、電話料、ごみ処理等のところに入るのかなとは思うんですが、おむつの処理の料金はどれぐらいなのかというのが、すみませんちょっと細かいところなので、もしわかれば教えていただければと思います。

 また、短時間児と長時間児でおむつの処理の流れみたいなのが違うのかどうかみたいな、今、おむつトレーニング、トイレトレーニングがちょっと遅くなってきたりして、3歳とかでもまだおむつをしている子というのもいるかと思います。3歳児健診でもまだおむつが外れていないので尿検査がちょっとやりにくいみたいな話とかも聞いていたりはするので、そういったところも踏まえて金額の、処理料のお金と、あとは処理の流れがどうなっているのかということについて、これは保育園でもこども園でもいいんですけれども教えてください。

委員長 児童保育課長。

◎佐々木洋人 児童保育課長 公立の保育園におきましては、使用済みのおむつは保護者の方に持ち帰っていただくということで、特に園では処理を行っていない状況になっております。

委員長 本目委員。

◆本目さよ 委員 あと園の中での処理の流れは、子供たちが持ち帰るというのは知っているんですけれども、持ち帰るというところでどういうふうに手続というか、ではしてしまいました、おむつがぬれました、もしくはおむつに大きいほうをしました、では保育士がおむつ取りかえます、では古いおむつはどこで、トイレで取りかえるのか、ではその使用済みのおむつをどこに置いておくのか、持ち帰るためには多分それぞれの子供ごとに使用済みおむつを分けておかなければいけないですよね。

委員長 児童保育課長。

◎佐々木洋人 児童保育課長 交換したおむつについては、各園それぞれ個人個人のロッカーがございまして、そこでバケツが置いてあって、そこに使用済みのおむつを入れるというルールになっておりまして、保護者の方はお迎えのときにそこを確認して持ち帰っていただくということを運用でやっております。

委員長 本目委員。

◆本目さよ 委員 ありがとうございます。ちょっと持ち帰りということに関して、若干、世間で話題になっているのはご存じでしょうか。スタンダードプリコーション、標準的な防護法という感染予防ですね、スクリーニング検査によって明らかになる感染症の有無にかかわらずに、未知の感染症に対しても予防策を講じるという考え方があると思うんですけれど、では必ずふたつきのところにやりなさいとかそういうのは厚生労働省で指示されていますが、おむつ持ち帰れとか持ち帰るなとかいうのは多分、厚生労働省から特には指示はされていないと思います。

 ただその上で、おむつをそれぞれ個別に個人個人に分けておいて、便の様子を見てくださいということで持ち帰ってもらっているのかもしれないんですけれども、その健康上のことは口頭で伝えても間に合う気がするんですね。それよりも感染症の、もしかしたら感染しているかもしれない便だったりとかおむつを、一応分けて、ごみ箱に一つではなくてそれぞれのロッカーのところだったりバケツのところだったりに置いとくというのは感染症のリスクを広げてしまわないかというのがちょっと心配なんですけれど、そのあたりいかがでしょうか。

委員長 児童保育課長。

◎佐々木洋人 児童保育課長 感染症について言えば、委員ご指摘のような便の状況もあるとは思います、日常でもその他の様子で、よく子供の様子を見てそういった疑いがある場合には必要な措置をとっているというところではございますので、必ずしもおむつ持ち帰りの運用をやっているからといって、そこの点が抜けているということではないという認識ではおります。

委員長 本目委員。

◆本目さよ 委員 ありがとうございます。現状、運用はそういうふうになっているので危ないですとは言えないとは思うんですけれども。ただ、今はちょっとどういうふうにやっているのか、ではおむつを持ち帰らなければいけない理由があるのかとか、では処理をして役所のほうでというか認可保育所のほうで、認可保育園のほうで処理をするとしたらどれぐらいお金がかかるのかとかも含めて、重い荷物を持って親が持って帰るのがいいのかというところもそうですし、あとはやはり感染症のところとか、あとは保育士さんがごみ箱に全部まとめてばっと捨てればいいのだとしたら一つの手間で済みますけれども、これは誰々ちゃんのといってまた処理を、一つ一つ分けなければいけないですよね、その保育の手間は、しかも感染予防で多分手袋をしてとかそういうのもあると思うので、その手間は保育士さんにとっても省いたほうが保育のより子供にかかわれる時間とか心の余裕とか、あっ、これ間違えてほかの子のところに使用済みのおむつ入れてしまったみたいなそういう事故で、万が一そういうのがあって、通常のときだったらよかったとしても、でもそれが万が一感染症のもので家に帰って確認して、ついうっかり親御さんが素手でさわってしまって料理してしまってみたいなところで広がってしまったり、そこまではしないとは思いたいんですけれども。でも、どこだったかな、何年か前に熊本県か何かで保育園で大量感染の感染症が出てしまったという事例もありますし、そういったところも踏まえて、ぜひ今後の運用について、おむつの持ち帰りについては庁内で一度検討はしていただきたい、今までやってきたからというのではなくて、やはり医療的な認識とかも日に日に進化していますし、そういったところも含めて検討はしていただきたいなと要望をします。

 

 

 

 

平成30 予算

336ページの保育所施設管理かもしれないんですが、今ちょっと話に出てきた公立認可保育園のおむつの持ち帰りについて前回の決算特別委員会でちょっと発言させていただきました。衛生面や保育士の労働環境改善のための検討状況を教えていただけますか。

委員長 児童保育課長。

◎佐々木洋人 児童保育課長 決算特別委員会でお答えいたしましたとおり現在、公立の保育園では保護者の方にお持ち帰りをしていただくというようなことをやっているところでございます。決算特別委員会でご質問いただいて以降、公立園の園長の意見をいろいろ意見交換して、ちょっと意見を聞いてみたところでございます。その中でメリットとしては保護者や保育士の負担軽減が見込まれるということでございましたが、課題としては使用済みのおむつを衛生的に保管する場所の確保などが上げられました。本区がなかなか保育所の、建物も狭くて、なかなか十分な場所がないのではないかというような話もございました。今後また先行事例なども注視しながら、引き続き検討してまいりたいと考えているところでございます。

 
 
 
 

本目さよさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ