保育園の通知が気になっている方へ【台東区】 | 子育て 本命!~やさしい政策~台東区議会議員 本目さよのブログ
2019-02-05 11:38:48

保育園の通知が気になっている方へ【台東区】

テーマ:わかりやすく解説

こんにちは。

 

台東区議会議員 本目さよです。

 

 

台東区の保育園の入園可否の発送は例年通り2月中旬です。

なので、もしかすると18日の週になってしまうかもしれないですね。

それまで、やきもきしている方も多いと思います。

 

 

 

そこで、それまでに(保育園関係で)やっておくと安心できることをお伝えしますね。

 

 

1,自分の希望園の昨年度の入園最低点数を確認する!

 

http://www.city.taito.lg.jp/index/kurashi/kosodate/mokutei/hoiku_youjikyouiku/hoikutakuji/hoikuen/hoikuennyuen/12143721858.html

 

やっとWEBで公表されています。

あくまで、昨年度のものなので、参考までに。。。ですし、

4月にも新園がオープンするので今年はどうなるか余談を許しませんが、

私の独断と偏見でお伝えするならば、

両親ともにフルタイムではない場合

両親ともフルタイムだが1子目の場合

は、2以下のやっておいたら安心できることをおすすめします。

 

 

2,点数がギリギリの場合は、他の手段の検討に入る

 

2-1 育休の延長が可能か?パートナーが育休をとることは可能か

会社やパートナーに確認してみてください。

ちなみに、男性も育児休業は取得可能です(法律的には)。

パパママ育休プラスという制度もあるので、そちらを利用して、

年度途中での新設園の入園を狙うというのも一つの手段です。

 

2-2 ベビーシッター助成の検討をする

 

http://www.city.taito.lg.jp/index/kurashi/kosodate/mokutei/hoiku_youjikyouiku/hoikutakuji/sitter/bebisi.html

子育て関係で新しいことをあまりやりたがらない台東区ですが、

ベビーシッターはまっさきに手を上げて、すでに実施しています。

1時間250円で預けられるので、かなり安いです。

現在パートの方や、休職中の方で保育園申込みを諦めている方も

この制度の利用は結構おすすめ!!!

 

報道によると来年度からは使い勝手が少し改善されるみたいなので、

フルタイムでも使いやすくなるかもです。

1日11時間利用して20日間だとすると55000円。0歳児の高所得者の方の認可保育所の金額より安いですね。

(※2019、2月時点では一日8時間しか利用できませんが改善されるとの報道。。。)

 

対象の事業者が複数ありますので、

ホームページなどをよく読んで、いくつか候補を見つけておいてください!

複数利用も可能ですので、

いくつか選んでおくのがおすすめです。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/hoiku/bs/riyoukentou.html

 

 

3,近くの認可外保育施設や企業主導型保育施設を探してあたってみる

企業主導型保育施設助成一覧 (区は関与していないので区からの資料にはないかも。)

http://www.kigyounaihoiku.jp/wp/wp-content/uploads/2018/05/josei_kettei_20180331.pdf

 

※地域枠と企業枠があり、保育所によってはお勤めの企業と契約することで(企業は負担なしでも)

企業枠に入れることも。そこも含めて聞いてみて&検討してみてください

 

東京都に届け出済みの認可外保育所

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/hoiku/ninkagai/babyichiran_koukai.files/ninkagaihoikushisetuichiran.pdf

 

 

よく、保育園の保留が届いてから、連絡をいただくことが多いです。

二次募集にも申し込みすることと、

根岸定時利用保育も利用検討すること、

仕事を続けるのを諦めないでいただきたいと思います。

 

 

保育園、増えてはいますが、それ以上に人口と、保育所希望される方が増えています・・・・・

決して油断なされず・・

(保育園ごときで油断できない状況はどうなの!?とずっと思っているのですが、

ごめんなさい・・・・・)

 

 

 

 

台東区議会議員 本目さよ

 

本目さよさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス