2018年4月の待機児童は少し減りました【20180612子育て支援特別委員会その2】 | 子育て 本命!~やさしい政策~台東区議会議員 本目さよのブログ
2018-06-14 09:15:04

2018年4月の待機児童は少し減りました【20180612子育て支援特別委員会その2】

テーマ:台東区議会

こんにちは!

 

台東区議会議員 本目さよです。

『2019年4月オープン予定の保育園2園【20180612その1子育て支援特別委員会】』
⇒ https://ameblo.jp/hommeisayo/entry-12383358874.html
 
に引き続き、報告されたことについてお知らせしますね。
 

平成304月保育所等入所状況について

 

認可保育所入所状況 3078名(前年比292名増)

認可外(根岸定期利用や御徒町など区が関与する) 112名 (前年比48名)

 

Q保育園の申請数と待機児童数、就学前児童数の過去3年間の推移は?

 

平成28年度

平成29年度

平成30年度

待機児童数

240名

227名

183名

4月入所新規申請数

1320名

1332名

1541名

就学前児童数

7997名

8088名

8193名

各年度の確保数の増

227名

211名

431名

 

 

本目からの質問。

 

Q申込数、今年はかなり増えた(209名増)にもかかわらず、待機児童数を減少させたことについては評価をする。(土地もない中)もちろん、待機児童で困っている人がいるのは前提条件で、一刻も早く解消してほしいのはやまやまだが。

 

そのうえで、待機児童数に含まれる人、含まれない人について伺いたい。

育休延長が2年までできるようになったこともあり、特に不承諾通知をもらいたいという人が増えたのではないか?それはどのように判断しているのか?

企業主導型に入所した人は含まれるか?

 

・不承諾通知をもらいたいと窓口で言われれば待機児童数にはカウントしない。ちなみに28名

・区が運営している認可外(御徒町や根岸など)や認証に行っている人についてはカウントしない。

・第三希望までしか書いていないひとについてはカウントしない。

・企業主導型に入所した7名はカウントしていない。

 
 
⇒第三希望というのはどうなのか?
事情があって通えない場合もある。
他の自治体の例も踏まえて、検証・検討してほしい。
 

 

 

 

他の議員からは

1歳のニーズは?⇒約60%  2歳54.4%

東京都のベビーシッター50億予算ついているが、台東区の検討状況は?

⇒事業者と連携しての詳細のスキームが東京都で検討中。

⇒委員:保護者のニーズに対応するためにしっかりと検討して。

 
 
台東区議会議員 本目さよ
 

 

 

本目さよさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス