今日は方言の日… より。(2019年冬ドラマ感想など) | 自然食品の店 沢 奥さんのブログ

自然食品の店 沢 奥さんのブログ

湘南・茅ヶ崎市、自然食品の店“沢” 奥さんの、
ちょっとしたお話し。(たまに店長も登場します?)
メッセージ(メール)は、当店HPのメールアドレスの方へお願い致します。


テーマ:

方言、話せる?

>私は、両親の出身地が福岡県なのですが、

住んでいるのはずっと神奈川県なので、

方言は全く話せないですね。あせる

両親も、神奈川県にいる間はほぼ

「標準語(一部方言が混じる程度)」なので、

私は方言を話す環境になかったです。(^^;

 

 

方言と言えば、昔、福岡県へ帰省したとき、

祖父から方言で「太かねぇ~。」と言われて、

一瞬「えっ?」と思ってしまいましたが、あせる

 

すぐに、「きっと“大きくなったねぇの意味だよね?”」と

自分なりに解釈して変換していると、案の定、父が、

「向こうでは“大きい”というんだよ」と、

祖父に説明(通訳)していた事を、今思い出しました。

(^^; 

 

(テレビでも、武田鉄也さんも「太か(大きな)人生を!」と

仰っていたところを、以前見たことがありました。)

 

 

・・・

 

今日は、2019年冬ドラマの感想を、

少し書き込みたいと思います。 ...〆(・∀・//)

 

2019年冬ドラマも、ドラマによってはすでに予告で

「第2章の始まりだ!」と言い始めていますから、

最終回へ向けてのスパートがかかっているなぁと、

より面白くなってくることを期待しています。ニコニコ

 

 

(月)トレース~科捜研の男~ フジテレビ系月9: 

いよいよ、主人公:真野の家族が殺された事件の真相に

近づいていく展開になってきましたね。 びっくり

 

関連する事件が発生し、その事件の被害者が、

25年前?の真野の家族が殺された事件の関係者

(兄の通う高校の教師だったらしい)で、

おそらく、何か重要な手がかりを握っていたから

殺されたのでは?との疑いもあり、

真野の今後の究明に注目しています。 ニコニコ

(船越さん演じる刑事も、だいぶ真野とのコンビが

よくなってきて、声を荒げる回数も減ってきて

落ち着いてきました。あせる

 

 

(火)後妻業 フジテレビ系火9: 相変わらずの主人公:小夜子の

「死にたいという夫のお手伝い=殺人??」のストーリーなので、

視聴率は伸び悩んで“最下位独走”状態ですが、

こちらのドラマも、いよいよ「ブライダル微祥(小夜子と柏木:高橋さんが

所属する事務所)VS探偵:本多、中瀬(小夜子の被害者家族)」が

佳境に突入しようとしているので、私は楽しみにしています。

(^^; (中瀬と本多が、男女の関係になりそう?という点も、

気になっています)

 

 

(水)相棒17 テレビ朝日系水9: 前回は、以前登場した“女検事”が

再登場するお話でしたね。ニコニコ どうやら、何かを調べており??

そのために、今回の事件の容疑者の担当弁護士を勤めたいと

名乗りを上げて、容疑者からは「なんであんたが担当なのよ!」と

罵声を浴びせられても、担当を勤めるのでした。

(容疑者はかつて、この女検事に有罪にさせられてしまった=冤罪)

 

ストーリーが丁寧に描かれていたので、女検事のことを

「忘れてしまっていても」、ちゃんと話がつながって見やすかったですね。

次回は、あの「内村刑事部長が容疑者?!」のお話なので、

楽しみにしています。 びっくり

 

 

・家売るオンナの逆襲 日本テレビ系水10: 

留守堂の過去がわかった前回のお話の“つづき”から

でしたが、どんな過去があっても、「サンチーはサンチー」(笑)

のままでしたね。(^^;

 

今回のお話は、お客様のために(家を売るために)、なんと

“留守堂との共同ミッション”を決行!びっくりでしたが、

みんながサンチーの「GO!」に従って、

お客様が「よりよい生活」になる提案もできて、

「さすがサンチーだね」と思いました。 ニコニコ

(サンチーの「不動産屋は“人生相談屋ではない”。

不動産屋の仕事は“家を売ることだ”」が、毎回印象に残ります)

 

 

(木)刑事ゼロ テレビ朝日系木8: 

今回のお話は「記憶喪失になった容疑者」のお話でしたが、

沢村さん演じる:時矢刑事が「記憶喪失は、本当に辛いんだぞ」と、

真相を突き止めるために「容疑者に寄り添っていた」ところが

印象的でしたね。 ニコニコ

記憶喪失のメカニズムと「状況証拠が揃いすぎている」点を

しっかり押さえて、真実にたどり着いて犯人逮捕につながった

ところが、見ていてスッキリしました。

(メゾン・ド・ポリスとちがって、こちらの“男・女刑事のコンビ”は、

バランスがよく、役にしっかりとはまっていて良いと感じています)

 

 

(金)メゾン・ド・ポリス TBS系金10: 

今回のストーリーは、メゾン・ド・ポリスの住人である

「高平さん(シェアハウス管理人で元警務課勤務:警部)」のお話で、

高平さん役の小日向さんの魅力が存分に引き出されていた回

でしたね。 ニコニコ

 

いつもは、メゾン・ド・ポリスの“家事担当”の高平さんが、

娘さんからの依頼で「パパ、お願い。事件を解決して!」と、

娘さんの恋人の家族が「容疑者にされてしまい、困っている」からと

頼みに来たのですが、高平さんは「警務課勤務で、

現場で捜査した経験がない」ですし、なのに、娘さんには見栄を張って

「伝説の刑事だった」と嘘をついており、ガーン

住人のみんなを困らせてしまい… という展開だったのですが、

 

結局、「いつも高平さんにはお世話になっているから」と、

みなさん協力することになりましたね。(^^;

現場には出たことがない高平さんでしたが、

最後の、容疑者家族への“お説教”はお見事であり、

事件も無事に解決できて、父娘の絆も深まってよかったねと

思いました。 おねがい

(相変わらず、もう少し「高畑さんの女刑事役がはまっていればなぁ」

と思えてしまい、そこがちょっと残念に感じてしまいました)

 

 

(日)3年A組-今からみなさんは、人質です-日本テレビ系日10: 

こちらのドラマも、いよいよ「第2章」が始まろうとしていますね。

びっくり 前回「教師の中に、犯人がいる!」と柊先生が暴露したところで

終わり~その続きからでしたが、カリスマ教師:武智先生が、

なんと「犯人なのか??」と、今回の柊先生からの課題は

「武智先生が罪を認め、本当のことを全部話す」となり、

私も、ドキドキしながら見ましたね。 ニコニコ

武智先生はどうやら、進路指導で「大学のスポーツ推薦の斡旋」

をしていたらしく、その推薦を通して、被害者:影山とのつながりが

あったとのこと。ガーン なので、3Aでは、今回推薦をもらっている

男子生徒・女子生徒が、「推薦が取り消されたら困る」と、

柊先生のところから脱出しようと試みたのですが、ガーン

 

結果、武智先生が「スポーツ推薦を悪用して、大学側から

紹介料(賄賂)を受け取っていて、それを知った影山が自殺に

追いやられた(殺された)」ことが発覚すると、

柊先生の「魂の授業(お説教)」が生徒の心にも響き、

武智先生は、警察に連行される…という展開に、

終始ドキドキ、痛快で見ごたえがありました。 ニコニコ

(まだまだ、「武智先生を利用した“黒幕がいるのではないか?”」

で、柊先生も「ここからが始まりだ」と仰っていましたね)ビックリマーク

 

 

・・・

 

『まんぷく』第116話では、客の反応を受けて萬平(長谷川博己)が弱気になる

(リアルサウンド) - Yahoo!ニュース

 

 

今日も、こちらの記事を引用して「まんぷく」の感想を

書き込みたいと思います。 ...〆(・∀・//)

 

 

[まんぷく 感想](月)

 

>「まんぷくラーメン」の販売が開始された第115話。

第116話では、福子(安藤サクラ)と萬平が声を張り上げ、

デパートの特設コーナーで「まんぷくラーメン」を売り出す。

ところが客は興味を示しても、思うようには買ってくれない。

値段が高すぎるのか、パッケージデザインが悪いのか、

そもそもラーメンに需要がないのか。

ついに萬平も弱気になって……。

 

 

いよいよ、まんぷくラーメンの発売日となりましたが、

鈴が仰ったとおり、「みんな、口に入れるものだから、

(たとえ試食したとしても)慎重になるのよ…。」と、

なかなか買ってくれるお客様はいらっしゃらなかったですね。

しょぼん

 

私も、鈴の指摘したとおり「食べ物には、“画期的”とか、

“革命”とか、“新しい”…は無理なのよ」に同意と思い、

まずは「商品に“信用できる要素”がないとダメなのかも」

と思えて、

 

いわれてみれば、どんなに美味しくても、今の時代ならば

「例:中国産は買いたくない」

「これ、何処のメーカーなの?というところの商品は買わない」

…があるように、この当時のみなさんもきっと、

「まんぷく食品?なにそれ?」だったのかもと思えました。

 

(「ダネイホンの会社から発売された」なら、売れたかもしれませんね)

(^^;

 

これから…

 

①福子は、上手く試食販売をやってみましたが、

なかなかお客様は信用してくれなかったようですね。ショック!

3分間頑張って解説してくれていましたが、

効果がいまひとつで残念だと思いました。

(企業秘密??まで解説したのに、売り上げがいまひとつ

とは…汗大丈夫でしょうか)

 

②鈴から「袋のデザインが悪いのよ…これじゃあ“まんぷくラーメン”

じゃなくて、“てんぷくラーメン”に見えてきたわよ!」と言われてしまった

忠彦さん。(^^; よほどショックだったのか、別のデザインを

持ってきましたね。あのスケッチブックには、

どんなデザインが描かれているのでしょうか。

 

③鈴と世良。感想だけではなくて「行動」まで似ていましたね。

(共に、同じような時間に休憩…。)

鈴の言うとおり、世良には責任持って、「売れるための策」を

考えてほしいと思いました。

 

④吉乃と岡・森本。ラーメンが売れる頃には、3人の恋愛は

進展があるでしょうか。

 

 

まずは、ラーメンが売れますように!と願っています。

ニコニコ

 

 

 

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

奥さんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ