自然食品の店 沢 奥さんのブログ

湘南・茅ヶ崎市、自然食品の店“沢” 奥さんの、
ちょっとしたお話し。(たまに店長も登場します?)
メッセージ(メール)は、当店HPのメールアドレスの方へお願い致します。


テーマ:

急増する「ごみ出し困難世帯」 5万世帯が支援受ける(朝日新聞デジタル)

- Yahoo!ニュース

 

 

 

今日の気になったニュースは、こちらの

「ごみ出し困難世帯」の件です。(・_・;)

 

記事を読んで、私も「そうそう、確かに ゴミ出しが大変そうな

ご年輩の方、見かけるよねぇ」と思い、

ご近所同士で助け合ったりできるといいのになぁと感じました。

ニコニコ

 

(そういえば… だいぶ前になりますが、ご近所の方でしたが

声をかけて~ゴミ出しのお手伝いしたことがありました。)(^_^)

 

 

【急増する「ごみ出し困難世帯」… 感想など】

 

(記事より引用)

 

> 高齢などのため自力でごみを出すのが困難になり、

自治体の支援を受ける人が増えている。…

「ごみ出し困難世帯」はこの10年ほどで急増しているとみられ、

予算上の問題などから支援の維持を懸念する自治体もある。

 

 

関連記事のコメント欄などにもありましたが、

 

・ヘルパーさんに出してもらう→ごみ出しの時間が

「早朝(8:00~8:30)」などのように決められているので、

その時間帯にヘルパーさんに来てもらうのは困難である

 

・高齢者でなくとも、出勤時間や夜勤などの都合で、

決められた時間帯での「ゴミ出し」が難しい人もいる

 

・ごみの集積所までの距離が遠い、分別が細かすぎて

難しい(例:資源ゴミは別途、決められた場所に出さなくては

いけない… など)

 

…などの意見が上がっていて、ゆえに、私も

「何らかの支援は必要なのでは」と思いました。

(・_・;)

 

が、行政においては「予算」の都合もあるんだねぇ…(x_x;)

と、ゴミ出しは「欠かせない日常の行為」なので、

何とかみんなの力で「支援の輪」が広がることを願いたい

と思いました。

 

 

>アンケート取材は、74自治体

(道府県庁所在市、政令指定市、東京23区)を対象に実施。

ごみ出しが困難な高齢者や障害者の自宅まで普通ごみの回収に行く

支援の有無をたずねた。その結果、東京23区や横浜市、名古屋市、

大阪市、神戸市、長崎市、熊本市など48自治体が支援を実施し、

2016年度では計約5万300世帯が利用していることがわかった。

 

 

費用(財政)の問題もあるかと思いますが…

 

例えば、「福祉作業所(ないし社会福祉法人など)」において、

 

支援が必要なお宅に伺い~トラック車両でゴミを回収~

ゴミを焼却場やリサイクルセンターへ運ぶ

(=必要に応じて、分別等の作業もしてもらう)…

 

ができれば、「ゴミ出し=毎日の生活に欠かせない行為

=物品販売よりも必要性が高い仕事=行政からの依頼ゆえの

安定した仕事になる」でしょうから、

 

要支援者も、作業所で働く方にとっても

両方にメリットがありそうなのでは?と思ってしまいました。

 

(市町村のゴミ収集・支援だけでは難しいので、細かな支援は別途、

社会福祉法人などに依頼してみたらよさそうあせると思えました)

 

 

介護保険制度を使ってホームヘルパーに

ごみ出しをしてもらう人もいるが、

早朝にヘルパーに来てもらうのが難しいことなどから、

独自支援をする自治体が目立つ。

支援導入の時期は00年代の前半が多く、

高齢者だけの世帯や身近に親族がいない人の増加などが

理由に挙げられた。

 

 

やはり、支援が必要な世帯には「定期的な見守り・手伝い」が

必要になってきますよね。(・_・;)

(ヘルパーのゴミ出し依頼も困難であればなおさら)

 

週に一度でも、何とか支援の手が入れられるといいのになぁ

と感じました。

 

 

>支援条件は自治体によって異なるが、

48自治体の7割弱が「65歳以上」などの年齢要件を設け、 …

福島市では今年1月、回収の職員が住人の体調不良を見つけて

救急車と親族に連絡。住人は救急搬送され、

低体温症の疑いで入院したケースがあった。

 

 

ゴミ出しの支援が、場合によっては「救急事案」の発見にも

つながっている という点が、意義深いと思いました。

 

・分別支援・掃除支援・ゴミ出し支援… 

 

1人でも多くの「見守る人・手伝う人」が増えるといいなぁ

とも思いました。ニコニコ

 

 

>48自治体の8割は、今後の利用世帯が増えると予測。

今後の課題について「制度を維持できなくなる恐れがある」

「自治体職員だけでは人手が不足する」などの回答が目立った。

支援制度を導入していない26自治体に理由を聞いても、

予算や職員の確保を課題に挙げるところが多かった。

 

 

昨今、「自治会・町内会は、活動が面倒だから必要ない」ガーン

という声が上がってきて、

 

「町内会トラブル注意

(例:会員でなければ、ここにはゴミは出せません!

=会員なのだから、当番役員も必須です。

仕事しているから出来ませんビックリマークは関係なし!)」

 

などと社会問題にもなっていましたが…ガーン

 

一方で、ゴミ出し支援を必要とする方にとっては、

 

「自治会・町内会は、大事な存在

(役員・会員らの支えが入りやすい)」

 

にもなっているよねぇ と思いました。ニコニコ

 

地域の自治会にはそれぞれ、「地区・班・組…」

があって~ご近所のつながりもありますから、

必要に応じて、班長さん・組長さんらが把握し~

ご近所さん・みなさんへ、

 

「〇〇さんのゴミ、今日は大丈夫だったかな」ハート

 

と気にかけ合うだけでも違ってくるはずでは、

と思いました。ニコニコ

 

 

 

・・・

 

 

毎日の生活に欠かせない「ゴミ出し」…

 

自分でルール・マナーを守って、上手に出すことができれば

何の問題も不自由もないのですが、

 

それができにくくなってしまうと、どうしても

「こうだったらいいのに(→不満・ルール破りがち)」や

「ゴミ出し困難」になってしまいます。(・_・;)

 

なので、

 

みんなで気持ちよく、地域で生活を営めるように

「助け合いの輪」ができていくといいなぁラブラブ 

と感じました…

 

今日の気になったニュースより でした。

ハート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)

奥さんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。