🌻ほめて育て ほめて咲かせる🌻

 秩父ふたばこども園の副理事長  根岸和美です




いつも
よい本を 園に届けてくださっている



このような企画を
拝見しましたニコニコ



 ことばが軽々しく扱われる時代。
特にSNSなどの普及により子どもたちを取り巻く環境は変化しそれらを使ったいじめも増えています。そうした状況下で、改めて子どもたちにことばのもつ意味や重みを感じるきっかけをつくりたいという想いから、幼児教育・児童書出版に長年携わってきた会社として、絵本の既存概念にとらわれない「体験できる絵本」を企画しました。


『たべることば』とは、“ことばの意味を味わってみよう”をコンセプトに、「すき」「きらい」「バカ」「ごめんね」など、様々な色・味・においのする全7種類のことばのお菓子が入った「食べて味わう絵本」です。ことばって、食べ物にしたらどんな味になるんだろう? 教育学者、言語学者、保育学者、保育者、パティシエなど様々な分野の専門家によるご指導・ご協力のもと、いくつかのことばを「お菓子」で表現しました。




フレーベル館さんでは
イベントで実際に
言葉に合うような 味の
お菓子を 試作して
食べてもらったそうです




そのお味は
このような、、、

(画像、文は
フレーベル館さんからお借りしました)












普段 何気なく
口にしている言葉ですが

「美味しい味」の言葉は
言っても  言われても

嬉しいですね


その反対の言葉は、、、えーんガーン

言うまでもありませんね




お家の中でも

お友達どうしでも

そして

大人も


美味しい言葉を贈り合う

そんな日常を  過ごしたいものです



個人的に私は

ライチ風味の
「ありがとう」の
お菓子をいただきたいですラブ


皆さまは

いかが?ウインク