1つ前の記事に続いて、

鍋フライパンから見る

本当の整理、整理の根本を書きます。

 

上は私の家にある鍋フライパン(+やかん)を

具体的な大きさで示したものです。

本当に必要だと思った物は

基本は全て1つあれば良いと

最初のレッスンでお話しします。

 

鍋フライパンの究極の一つは何でしょう?

 

 

 

・・・それは、深型のフライパンです。

 

焼く、揚げる、炒める、煮るという

調理の全てが可能だからです。

 

そこから派生して考えてみましょう。
日本の家庭の多くは朝晩味噌汁を飲みます。

家族の人数分?

それとも人数×2杯分?2食分?

調理の手間や家族の望むことを考えて

汁物が作れる深さのものを一つ。

 

あとはどんなお料理をするでしょうか?

 

 

 
鍋フライパンの収納場所は
コンロ下が基本中の基本。
もし不都合がある時には
お鍋とやかんはシンク下へ。
 
誰も迷うことがないように
カインズのスキットには
ラベリングをしています。

 

 

 

 

 
カインズのスキットは
本当に素晴らしく優れた商品です。
今まで書類ケースを駆使していたのが
あっけない程簡単に、
ピッタリサイズの収納が組めるようになりました。
 
だからと言って、すぐに真似してはいけません。
 
うちのキッチンコンロ下は
割と深さがあります。
引き出しが浅いのなら
鍋類は特に平置きの方が
使いやすいです。
開き扉ならば棚を組むなど
また違った形になります。
 
何より物が整理される前に
収納用品を揃えるなんて
絶対にやってはいけないことです。
 
だいぶ前に、
「コンサルを受けたら家に合う収納用品を
全部教えてもらえると思って申し込んだ」
と言われたことがあります。
その方のお宅は、
このコンロ下にビニール袋や雑貨が
パンパンに入っていました。
 
もちろんその雑貨類に対して
収納用品を組むことは可能です。
しかし全く意味を成しません。
結果的にコンロ下は鍋フライパンを置き、
我が家のような
収納を組むことになりました。

雑貨を入れるために用意する箱と
鍋フライパン収納のための箱は
全く異なります。
キッチンにある全ての物の整理が終わった時
その答えが出せるのです。
 
様々な角度から物の持ち方を考えて、
考えて考えて考え抜いた先に、
スッキリとしたキッチンがあります。
すると作業代には一切の物がなくなります。
一生懸命考えた道具たちだから、
頭も整理されてお料理が捗ります。
 
整理収納は途中経過であって
その先にどんな自分でいたいか、
どんな生活を送っていきたいかが
大切なんですよね。
 
曖昧さをなくして、
真剣に物と向き合うことが
本当の整理です。
美しい収納は最後のご褒美。
これが美的ハウスキーピングメソッドです。
 
 
 

 

♡愛用品はこちら♡

 

 

宝石赤いいね!の代わりにこちらを押してね♪

 


にほんブログ村

 
 

リボンご提供メニュー

 

 →プレミアムレッスン
年間レッスンの中から掃除と時間管理を除いた
全収納レッスンを1日で学びきります
 
 →個人収納コンサル
ご自宅の全ての収納を拝見した上で
お悩みに合わせて片づけの順番を組み立てます
遠方の方はスカイプで対応しています
 
 →サロネーゼ開業コンサル
自宅サロンを開講予定の方や
既に開講中の方へアドバイスをするサービスです
 
 →一軒丸ごとサポート
個人収納コンサル受講後に
ミセス美香が直接ご自宅へ伺って
家全体が片付くまで一緒に作業致します
 
 →キッチン美収納サポート
キッチンだけに特化したサービス
キッチンの整理作業後に
収納用品の入れ込みまで行います
 
*レッスンのお申し込み・メディア取材、商品の企画開発等のお問い合せはお問い合せフォームよりお願い致します
*コンサル、サポート対応エリアはHPをご覧下さい
*個人的な質問はご遠慮下さい

 

 
 
 
メルマガの不配やアドレス変更等は
私の方で操作できませんので
ご了承ください