虫の季節には、ルストックス | 笑顔が溢れるホメオパシー的人生 

笑顔が溢れるホメオパシー的人生 

イギリスからサポートします

みなさんこんにちは、ホメオパシー木蓮の望月朝子です。



日本は梅雨入りもして、暑さが増しているようですね。

イギリスは、熱波の後、秋到来か?と思うような日々が続きましたが、

またいい具合に暑い日々が戻ってきています。


暑いと私は、サンクリームも塗らずに、

せっせと庭仕事をしたり、

芝生に座ったり、

したくなります。


気持ちいいー!


ことこの上ないのです。


が、


気持ちいいー!


と思っている時に、

こんなにひどく、

虫に刺されてしまいました()


{FA1F615E-B577-418A-B550-B59ECA053EA4}


普段は、断然体温の高い相棒の方が虫刺されのターゲットなのですが、

蚊ではなかったのでしょうね。

は、っと気がついたら、

三ヶ所、白く膨れ上がって、

痒い。

痒い。

痒いー。


ついついカリカリ引っ掻いてしまったのが悪かったのか、

夜には、

バーンと腫れ上がって、

翌日にはもっと腫れ上がって、

赤くなっていないところも、

腫れ上がって、

硬い感じになってきました。

腫れているところと、

腫れていないところの境界線まで分かる感じで、

普段こんな風に反応する事がないので、

ギョッとするくらい。

(ちなみに、写真は、刺されて2日目の今日の写真で、

腫れは三分の一くらいにおさまってます。)


ホメオパスではありますが、

自然治癒力で治すのだー

というチャレンジ精神が旺盛なので(時に旺盛すぎる。。。)

最初はほっておいたのですが、

昨日から、さすがに、

ホメオパシーのクリームを塗り始めました。


使っているのは、

ルストックス&ルータのクリームです。


ルストックスは、漆科の植物で、ツタウルシのこと。

乾燥していない漆にうっかり触ってしまうと、

赤くなって、強い痒みに襲われます。

痒みが広がって

痛痒い。

その部位が硬くなる事もあります。


まさに私の症状そのものです。

なので、

こういう虫刺されなどで、

赤く腫れ上がって、

痛痒い時には、

とてもよく効きます。


クリームを塗り始めてから、

腫れは落ち着いてきました。

それでも、今日もまだまだ赤みと熱を持っているので、

とうとうルストックスをレメディとしてもとりました。

そうしたら、昨日の夜は、

履いているズボンの上から触っても、

かなり大きなたんこぶ状になっていた患部が、

今は、普段サイズに戻ってきました。


まだ赤みと熱を持っているので、

蜂のレメディ、エイピスも考えています。


ホメオパシーは、

こんなひどい虫刺されの時にも、

味方になってくれます。


今日もありがとうございました。



ホメオパシー木蓮さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス