抜歯した後から、ある症状が止まらなくなって・・・ | 笑顔が溢れるホメオパシー的人生 

笑顔が溢れるホメオパシー的人生 

イギリスからサポートします

みなさんこんにちは、イギリスはケント州から、ホメオパシーのお話をお届けしています、ホメオパシー木蓮の望月朝子です。

 

 

先日、急性病と慢性病の話をしたと思ったら、

直後に、うちの母からメッセージが。

 

 

 

「一昨日はありがとう。レメディ当日飲んだだけで、翌日は朝少しだけで治まってきたので飲むのはやめて、様子を見たのですが、今日は正常になりました。報告まで 母」

 

 

 

うちの母は、私がホメオパシーを勉強するようになってからずっとギニーピッグになってくれています。

なので、小うるさい娘のいうことをよく聞いて(笑)

伝えたとおりにレメディを飲むように心がけてくれます。

おかげで今では、

「様子を見る」

ということが浸透してきている様子。

 

こんな母ですが、

私が若い頃、

頭痛だ、生理痛だ、

と言ったら

「すぐに薬のみなさーい」

って言うような人だったんです。

もちろん、私に言うだけでなくて、

本人も頭痛もちでしたから、

月の半分は、頭痛止めに頼っていたような人。

今では一切頭痛止め飲んでいません。

 

 

 

そんな母の今回の相談は、

下痢

でした。

(母よ、プライバシー公開許してね。)

 

 

というのが、

人生70年、虫歯がないのが自慢だった母なのですが、

さすがに歯茎が弱ってきた様子で、

過去6-7年の間、

右の奥歯がぐらぐらとしていたらしいのです。

右では食べにくいから、

左だけで食べているうちに、

顎関節症もどんどんひどくなって。

かかりつけの歯医者さんとの相談で、

とうとうそのぐらぐらの歯を抜くことにしたのです。

 

そして、当然のように抗生物質を処方されて帰ってきました。

 

私は母が歯を抜く予定があるなんて知らなかったので、

そのためのレメディ対策はしてあげることができず、

土曜日に連絡して初めて

とんでもないことになっていることを知ったのです。

 

 

ばい菌が入って化膿でもしたら大変だから、

と処方された抗生物質。

やはり母には強すぎたんですね。

全てのフレンドリーバクテリアが死んでしまったのでしょう。

その日から、下痢が止まらなくなってしまったんです。

1日7回トイレに行っても止まらない。

外出中、知らないうちに出てきちゃったらどうしよー

って心配だし(具体的ですみません)。

 

 

 

で、すぐにあるレメディを飲んでもらいました。

 

 

毎日話はできないので、

「とりあえず3日間飲んでみて。

でも症状が少しでも変化したら飲むのは止めてね。」

とだけいつものように言っておきました。

 

 

そして受け取ったのが上記のメッセージ。

 

 

5日間も止まらなかった下痢が、

たった1粒で正常に戻りました。

 

 

めでたしめでたし。

 

 

ホメオパシーお茶会 in ロンドン

 

では、母が飲んだレメディも、

お土産の中に入ってます。

 

一緒にホメオパシーのこと、お話しませんか?

心よりお申込みお待ちしています。

 

 

ベルホメオパシー木蓮 お茶会 in ロンドンベル
①日時:7 月13日(水)11:00~13:00 (6名様)

 

②場所:グリーンパーク近くのホテル内 (詳細はご参加者の方々にお知らせ致します)

 

③金額:15ポンド 当日現金でお支払いください (お茶、ケーキ、お土産レメディ付)

 

お申し込みはこちらから。「7月13日ホメオパシーお茶会申し込み」と明記してください。

Emailからでもお申込みいただけます。

info★homeopathymokuren.com(★を@に変えてください)

 

 

 

7月11日(月)Yukiさんのマイアロマップ(R)ワークショップ

7月12日(火)かづこさんのロンドン遠隔身体調整講座

7月13日(水)ホメオパシー木蓮、ホメオパシーお茶会 in ロンドン

 

今日も読んでくださってありがとうございました。

 

 

読者登録してね

 

 

 

 

 

ホメオパシー木蓮さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス