「私は病気じゃない」と思えるようになりました | 笑顔が溢れるホメオパシー的人生 

笑顔が溢れるホメオパシー的人生 

イギリスからサポートします

みなさんこんにちは、イギリスはケント州から、ホメオパシー・自然療法のお話をお届けしています、ホメオパシー木蓮の望月朝子です。


ロンドンは、バラ・マーケットの様子。

いつも楽しいバラ・マーケットですが、
クリスマス前の華やいだ感じは、
また格別です。



今日も、クライアントの方のお話しです。


癌の再発がきっかけで、

私のところにいらっしゃるようになった

クライアントの方。

 

いつも、心配りが絶えない、

とても素敵な方なのですが、

その心配りの性質のゆえに、

コンサルテーションでも、

ポジティブな報告をついしてしまう。

 

その方の変化が表れ始めたのが、

先々月。

辛くてたまりません。

なんだかコンサルテーション中は、

いい事ばかり言ってしまったなって、

思ったんです。

と、勇気を持ってメールを下さったのです。

 

ご自分の感情に正直になられ始めた証拠。

いいサインだと思っていました。

 

2ヶ月先に予定していたフォローアップを

早めて、お話を伺いました。

腫瘍部が大きくなった様な気もするし、

気持ちも大きく落ち込んでいると。

 

その後、レメディーをお出ししたのに加えて、

ご紹介した本がありました。

今の彼女を支えてくれるだろうと思って。

 

 

「神との対話」

ニール・ドナルド・ウォルシュ

 

 

1ヶ月後のコンサルテーションにて。

 

とても調子がいいんです。

興奮しているくらいです。

全てがスムーズに行っています。

でも、これは強がりで言っているのではないんです。

本を読み始めて、すごくこれでいいんだって

安心感が湧いてきて。

あるがままでいいって。

今までは駒の様に、クルクル回り続けていないと、

立っていられないと思ってきましたが、

止まっても立っていられるって

思えるようになったんです。

 

そして頭の中に、

「私は病気じゃない」

っていう言葉が出てくるんです。

 

それまでは、
「私は、病気と一緒に生きていく」

とか

「病気だけれども、大丈夫」

とかだったんです。

 

でも今は、

「私は病気じゃない」

って言葉が出てきます。

何度も何度も。

 

 

 

 

こういった瞬間に、

いつも私の方が勇気をもらいます。

やっぱり人の生きる力は無限だなと。

 

 

 

 

今日も読んでくださってありがとうございました。

 

ホメオパシー木蓮 ホームページはこちら

ホメオパシー木蓮 フェイスブックはこちら

ホメオパシー木蓮さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス