放射線汚染のレメディってとったほうがいいんでしょうか? | 笑顔が溢れるホメオパシー的人生 

笑顔が溢れるホメオパシー的人生 

イギリスからサポートします


テーマ:
みなさんこんにちは、ホメオパシー木蓮の望月朝子です。

今日は、クライアントの方からいただいたご質問にお答えした内容を
ご紹介したいと思います。

小さなお子様をお持ちのクライアントの方。
一時帰国中で放射能汚染のことを気にされています。
関東地方のご実家にご滞在。
とはいえ、やはり汚染のことは気になるもの。

こんな時、どうしたらいんでしょうか?
それ専用のレメディをとったほうがいいんでしょうか?

確かに心配ですよね。

こんなときも、根本体質がしっかりしていて、
バランスが取れていれば、
体はちゃんと汚染物質を排泄してくれます。
私たちの体って、
本当によくできているんです。
だから、まず自分たちの体を信頼してあげること。

というわけで、
私は、この汚染には、このホメオパシーのレメディ、
という使い方はしません。

これも極力汚染のない食べ物を食べることが原則。
とはいえ、いつもオーガニックのものばかりを買える環境にない場合もあるでしょう。

そんな時には、調理法での工夫をお勧めしています。

お酢や、天然塩、重曹水を使って洗浄する方法

そして、

マリネで除去する方法

また、体に有害物質を取り込みにくくするための
栄養素を積極的にとる方法
ヨウ素、カリウム、カルシウム、ペクチンなど。

というものあります。

そして、やっぱりお腹の健康を保つこと。

そのために発酵食品は欠かせません。

広島で生き延びた人たちが、
味噌(発酵食品)や玄米(ビタミンB群)、わかめ(ヨウ素)
をふんだんに食べたお陰で、回復が早かった
という記録もあるように、
シンプルな日本食に含まれる栄養素は、
やっぱり見逃せません。

Miso


こうしてみると、
自分で簡単にできる工夫って
日常の中に転がっているんですよね。


*この内容は、あくまで、すでに私のトリートメントを受けてくださっているクライアントの方へお答えした概要です。根本体質をホメオパシーで整えつつ、プラスアルファの工夫をするには、ということをお伝えしています。何もしなくても大丈夫というメッセージではないこと、またお一人お一人の対応も違うということも添えておきたいと思います。

今日も読んでくださってありがとうございました。

ホメオパシー木蓮さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス