ホメオパシーがいい12の理由 | 笑顔が溢れるホメオパシー的人生 

笑顔が溢れるホメオパシー的人生 

イギリスからサポートします

みなさんこんにちは、
ホメオパシー木蓮の望月朝子です。

ラスティのやんちゃぶりは、
止まるところなく続いておりますが、
今日は久しぶりに
ホメオパシーのお話を。

今日は、
ホメオパシーの祖、
ハーネマンのお誕生日。

Hahnemann

ハーネマンについては、
こちらをご覧くださいね。

彼のお誕生日から1週間は、
ワールドホメオパシー
アウェアネスウィーク
といって、
ホメオパシーのことを
もっと知ってもらおう
という気づき週間に
なっていて、
40カ国のホメオパスが
様々な形でこの活動に参加しています。

私もいまだに、
ホメオパシーって
ハーブの一種ですよね、
とか、
アロマセラピーみたいなもの、
とか、
中国からきた治療法ですか、
とか、
テレパシーのようなものですか、
とか、
聞かれます。

世界的に使われているとはいえ、
日本では、
ホメオパシーに馴染みのある人々は、
まだ少ないようです。

そこで、今年で11年目になる、
このワールドホメオパシー
アウェアネスウィーク、
ホメオパシーへの気づきを
というこの活動より、

ホメオパシーがいい12の理由

について、
ご紹介しますね。

1 好ましくない副作用がない
2 治療のプロセスが体に優しい
3 ホリスティックである
4 レメディーの料金がとても安い
5 予防的に使える
6 動物実験をしない
7 服用が簡単
8 クライアント参加型のトリートメント
9 急性病や怪我にも大変有効
10 まだまだ増え続けるレメディーの数
11有効性を示すリサーチ結果の増加
12電磁場の分野における研究が示す
ホメオパシーのメカニズム

出典 World Homeopathy Awareness Organization

ひとつひとつの詳細については、
また別の機会にお話するとして。

なるほど。

と思われる点、
あるでしょうか?

私は、8の

クライアント参加型の
トリートメント

というのが
ホメオパシーが
他のトリートメントと違う
ユニークな点
と思っています。

そのことについては、
詳しくまたお話ししますね。

今日も読んでくださって
ありがとうございました。

ホメオパシー木蓮さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス