取付け出来ない場合もあります | 住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。



刈谷市のお客様から、玄関の輸入シングルドアに防犯用のガードプレート
欲しいという相談を頂きました。

ガードプレートとは、鍵を掛ける為のデッドロックバーを隠して、
屋外にいる人からデッドロックバーを見えなくする金属プレートです。

そうすることで、空き巣がデッドロックバーを金ノコで切断して侵入する
という被害から、家を守ることが可能となります。

但し、ガードプレートを装着出来る輸入住宅と出来ないおうちが存在します。

それは、ガードプレートを差し込めるだけの隙間がドアとドア枠との間に
明いているかで判断出来ます。

私たちが調達しているガードプレートの厚みは、3.4mm。それを隙間に
差し込まなければなりませんから、最低でも4mm程度は明いていないと
ガードプレートがドア枠に当たってしまいます。

また、ガードプレートの爪をある程度ドア枠の上に被せる必要がありますが、
それだけの余裕が存在するかも大切です。

ドア枠の上には通常ブリックモールディングと呼ばれる飾り枠が付けられて
いるのですが、ドア枠から外側に多少ずらしてブリックモールディングが
装着されていればいいのですが、慣れない大工さんだとドア枠とブリック
モールディングとがほぼ同じ面になるように付ける人がいます。

(そういう状態では、ドア枠がブリックモールディングに隠れて外からは
見えない状態になります)

そうなると、ドアに装着したガードプレートが、大きく飛び出したブリック
モールディングに当たってしまい、ドアが閉められなくなります。

勿論、そうした状況を解消する為に、ドアやブリックモールディングを
削って、ガードプレートを装着出来るようにすることも可能ですが、
見ため的に美しくありません。

(ファイバーグラス製のドアなどに装着されるプラスチック製の
ブリックモールディングは、中が空洞な為削れない場合もあります)

防犯対策として玄関ドアにガードプレートを付けたいとお考えの方は、
写真を参考に取付け出来るスペースがあるかどうか、確認してみて
下さいね。(ダブルドアや親子ドアの場合は、特殊な施工がされて
いなければ、比較的簡単に装着出来ると思います)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。