室内の網戸でも劣化します | 住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。



昨日、一宮のお客様のおうちでメンテナンスの調査をしてきました。

新築から20年以上経っているので、いくつかのものが修理を必要と
していましたが、その一つがこちらの写真。

カナダのキャラドン(Caradon)社が製造した樹脂製ケースメントサッシ
なんですが、ケースメントは基本室内側に網戸が付いています。

シングルハングやダブルハングなどの上げ下げ窓は、屋外側に網戸が
設置されていますから、太陽の紫外線によって劣化のスピードは
早くなります。

それに引き換え、内側にあるケースメントやオーニング窓の網戸は、
あまり劣化することはないのですが、それでも20年近く光が当たって
いるのですから、相応に劣化するのは仕方ありません。

キャラドンの網戸は、サッシ枠に固定出来るように、網戸の周囲に耳が
付けられています。

周囲のフレームはアルミで出来ていますから問題はないのですが、フレーム
同士をつなぐコーナー材はプラスチックで出来ていますから、白い粉を
吹いてポロポロと取れてくるといった状況でした。

耳付きの網戸は、結構珍しいタイプではありますが、北米から部材を
入手することは可能です。

送料や時間は少し余分に掛かりますが、何年経っても元通りに出来る
というのが輸入住宅のいいところ。

いろいろ修理箇所はありますが、今回もちゃんと直せると思いますから
ご安心を。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。