防水処理したケースメントサッシの建具 | 住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。



こちらの写真は、コルビー&コルビー(Kolbe & Kolbe、K & K)社の
ケースメントサッシです。

以前、雨漏れの為にサッシ建具の木製下枠が腐って修理を依頼された
という記事を書かせて頂きましたが、ようやく建具屋さんの加工・修理が
完了して私共の手元に戻ってきました。

古いサッシですから、下枠に取り付けられていたウェザーストリップは、
既に欠損していますし、外装のアルミにも小さな傷が存在します。

建具屋さんは、木部とアルミ板を上手に分離した上で、新しい
木枠を付け替えてくれましたので、外装全体としては然程悪くありません。

ただ、多少外装に隙間もありますので、ペアガラスの周囲だけでなく
外装全体の防水処理を試みました。

写真で見ると、どこをどう防水したのかが分かりませんが、それだけ
見栄えも悪くなく施工出来たと言えますね。

次は、交換した木部が無塗装ですから、交換していない部分と新しくした
部分とで違和感が出ないように着色した防水塗料を塗りたいと思います。

勿論、仕上げの木部塗料は、パラペイントのティンバーケアです。

塗装が完成したら、いよいよ建具の取付けですが、その前にまた皆さんに
ご覧に入れたいと思います。

それにしても、コルビー&コルビーのケースメントやオーニングサッシは、
雨仕舞があまりよくないですから、ちゃんと定期的に防水メンテナンスを
した方がいいですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。