15年くらい経ったら、全部交換 | 住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。



最近、輸入樹脂サッシのシングルハングのバランサーについて
問い合わせが増えています。

写真のものは、ミルガード(Milgard)社のサッシ用バランサーですが、
バネにつながっている紐が切れて使えなくなっています。

紐を繋いでそのまま使い続けるという方法もありますが、バネ自体の
金属疲労や錆びによって以前のようには動かないケースも多くあります。

また、サッシの左右にあるバランサーの片方に不具合がある場合、
左右のバランスや強度が異なって窓の開閉がスムースにいかないことも
あるでしょう。

どんなバランサーでも、その寿命は15年程度です。

家にたくさんのシングルハング・サッシがあるようなおうちでは、
バランサーの交換だけでも結構な費用が掛かるかも知れません。

でも、15年もの長い間、何もお金を掛けてこないで使い続けて
きた訳ですから、ちゃんと直してあげてもいいように思います。

ただ、こうした修理に対する費用を新築時から貯金してきた人は、
殆どいないと思います。

外装の塗り替え費用ですら、全く意識していないという場合も
少なくありません。

今からでも遅くありませんから、持ち家の皆さんは毎月2万円くらい
タンス預金をするようにして下さい。

それが、次の世代へ家を引き継ぐ為の大きな一歩となるはずです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。