輸入掃出しサッシの網戸の破損 | 住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。



こちらの写真は、ミルガード(Milgard)製スライディング・パティオドア
に装着されていた大きな網戸です。

写真の右側が下枠部分のようですが、コーナーの処が割れたり外れたりして
バラバラになってしまっているようです。

また、網戸の取っ手や戸車についてもなくなったり破損したりしています。

輸入の掃出しサッシの網戸は、基本的に国内では手に入らないものですから、
部材を調達して私共の処で組み立てるということを行います。

ただ、様々なフレーム形状のものが存在しますから、既存のものの断面形状や
詳細寸法を頂く必要があります。

でないと、同じ大きさで作ったはいいが、うまくサッシに納まらないなんて
ことにもなりかねません。

ダブルハングやケースメントのサッシの網戸は、ある程度部材の絞り込みが
可能ですが、掃出しサッシの網戸についてはある程度の情報が欲しい状況です。

何れにしても、掃出しサッシの網戸については今後問い合わせが増える
でしょうから、材料の調査をやっていく必要がありそうですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。